シャドウ ウイング

 

ストライダーから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。典型的な暗殺者スタイルのクラスで、ハイドを利用して敵に見つからないように後に回って、強力な攻撃力を誇るパターン エングレイブ スキルを利用し、一気に勝負を決める戦法が代表的だ。この他にもデュアル ウェポン マスタリーによる二刀からの多様な攻撃スキルを基にして爆発的な攻撃力を見せることができる。そのため、パーティープレイ時には、敵のHPを減らすダメージ ディーラーの役割をする。


その反面、防御力が落ちるレザー防具だけ着用できるので、予期しなかった一撃に瀕死状態に陥ることもあるため、相手の物理攻撃および魔法攻撃を回避できる多様なスキルを活用して、危機を克服しなければならない。



クラス特性

基礎ステータス

STR 110 / VIT 100 / AGI 110 / DEX 110 / INT 90 / WIL 90

使用武器

ソード / ダガー / ボウ

使用防具

ローブ / レザー

特徴

● 多彩な攻撃スキルを持っている
● 回避能力とクリティカル率が高い

● 移動速度が速く、敵の背後を狙いやすい

クラス紹介

シャドウ ウイングは多彩な攻撃スキルを持ち、敵に短時間に多くのダメージを与えることができる攻撃型クラスだ。
 
比較的防御力は低いが優れた回避能力でこれを補い、ハイドのようなスキルを活用して敵の背後を難なく狙うことができる。また、派手な動きと爆発的な攻撃力によって敵を圧倒し、1対1の対人戦やスキルを活用した奇襲攻撃で優れた能力を発揮する。
 
HPを確実に回復できるスキルはありませんが、ターゲットに与えたダメージの一部を自分のHPに回すスキルと補助的な回復手段を活用すれば、他のどんなクラスよりも速く育成をすることができるだろう。

 

シャドウ ウイングが使用できる武器はソードダガーボウの3種類だが、強力な武器を使用することができるため大きな問題にはならず、該当の武器に特化した多数の攻撃スキルを取得することで専門化した育成を楽しむことができる。

ただしボウを使用したスキルは所持してない為、注意が必要だ。

 

シャドウ ウイングの最も大きい特徴はスタン状態を与えることができる多様なスキルとパターン エングレイブハイドを保有しているという点だ。特に、パターン エングレイブはシャドウ ウイングを代表する独特のスキルで、ターゲットに刻印したパターンの段階によってその後使用するスキルの攻撃力が増加するものとなる。

 

パターンを爆発させる各種スキルはそれぞれ効果が違い、戦闘を行う上での中心的要素として作用する。したがって多彩な攻撃スキルの数と同様にスキルの効果や活用方法を正確に把握し、ターゲットの背後を的確に狙うことができる精密なコントロールが必要なクラスだと言える。

 

・関連ページ:シャドウ ウイング スキル

プレイスタイル - ソロプレイ

素早く敵の背後を捉えて、スタン状態にするアンブッシュ!

シャドウ ウイングは強力な背後攻撃スキルを活用し、戦闘を優位に進めることができる。しかし自らの回復スキルを持っていないため、ソロプレイ時には包帯やポーション類の消費アイテムを使って回復しなければならない。
 
ハイドを活用し、背後から先制攻撃を加えた後に戦闘を行えば、容易に敵を倒すことができる。
 
攻撃力は
ソード ウイングに比べ落ちるもののクリティカル率が高く、パターン エングレイブを通じてソード ウイングを越える攻撃力を持つことができる。しかしながら効果的な範囲攻撃がなく、加えて防御力が低いため、はさみ撃ちにあうと危機に陥いる場合があるので、なるべく1対1の状況を作っていきながら戦闘を行ったほうが良いだろう。

 

シャドウ ウイングはモンスターをスタン状態にするスキルが多いので、2対1など自身に脅威が及んだ場合、このようなスキルをタイミング良く駆使して戦況を逆転させることができる。

プレイスタイル - パーティープレイ

確実なパターン エングレイブ能力を誇るビースト ロア!

パーティープレイ時、シャドウ ウイングはパーティーの優れたダメージ ディーラーとして活躍することができる。 しかし敵にダメージを負わせることに夢中になるあまりモンスターの敵対値を過度に高めないように注意するべきなので、パシフィケーション ウィスパー I(シャドウ ウイング)で敵対値を抑えつつスキルダメージを発揮しやすい敵の背後で戦闘をするようにしよう。

パーティー内にボウ ウイングがいない場合、装備武器をボウに変更して遠距離にいるモンスターをおびき寄せるのもシャドウ ウイングの役割の1つだ。

状況によってスキルを適切に活用しながら、素早くモンスターを倒そう。

パーティーメンバーに脅威が及んだ場合は多様なスタン状態にするスキルや

スモーク シェル Iのような補助的なスキルを駆使してモンスターを効果的に封じ込めなければならない。


パターン エングレイブ使用後に連携するスキルはモンスターの敵対値を大きく高める場合があるので、パシフィケーション ウィスパーを使って、モンスターの敵対値を低くすることがとても重要だ。自分の攻撃がどの程度までなら、モンスターがタンカーを攻撃ターゲットとして認識しつづけるのかを念頭に置いておくべきだが、このような敵対値に対する感覚は戦闘の経験を通じて感覚的に身に着けていく必要がある。

 

万が一モンスターの敵対値がかなり上がってしまい攻撃がシャドウ ウイングに集中した場合は、ヒーラーに過度なヒールの負担を与えることになる(シャドウ ウイングの回避能力がいくら高いといっても、集中攻撃を耐え切れるものではない)。このような状況になれば、過度なヒールを行ったヒーラーに対しモンスターの敵対値が上がり、ヒーラーが攻撃されることになる取り返しのつかない状況を招いてしまうだろう。

シャドウ ウイングの装備

プレイスタイル

使用武器

使用防具

上昇能力

ソロプレイ

ダガー / ソード

レザー

クリティカル / 攻撃力 / 物理防御

パーティープレイ

ダガー / ソード / ボウ

レザー

クリティカル / 攻撃力 / 物理防御

 

攻撃は最大の防御だ!!

クラス中最も高い回避能力を持つシャドウ ウイングは、ソードマン系列のクラスに比べて防具選択の幅が狭い。

また装備できる防具は防御力が低いため、短時間に素早く敵を倒すことが大変重要となる。

所持スキルが回避能力や防御力を増加させるより攻撃力強化に集中しているというクラス特性も、このような特徴を促進するものとなる。
 
魔石を活用して、回避能力を増加させ被害を最小化するのも悪くない選択だが、できることなら物理クリティカルと攻撃力を高め、素早くターゲットを倒すことに焦点を合わせよう。

 

重要ステータス

DEX / AGI / STR

 

武器については、ダガーソードを主に使用する。ダガーソードをそれぞれ比較すると、ダガーは攻撃力が低い代わりに攻撃速度とクリティカル率が高く、ソードはこれと反対に攻撃力が高い分、攻撃速度とクリティカル率が低くなる。序盤は、クリティカル率を高めることが難しく、ソードが役に立つ。中盤はクリティカル率の調整の為にダガーとソードを1本づつ持つ事が増えるだろう。またはダガーを2本装備することもあるだろう。

 

しかしレベルが上がり、クリティカル率が安定してくることでソードがダガーよりも攻撃力での平均ダメージを上回ることになるので、クリティカル率に問題がなければ攻撃力の優れるソードでの二刀を活用した方がよりダメージを与えれるだろう。状況に応じてソードとダガーを一緒に装備することも悪くない選択なので、プレイヤーが所持する武器により装備武器を選択しよう。

 

同じレベルのソードとダガーを使用してもダメージの差は殆どない。

スキル攻撃を使うならクリティカル率が高いダガーを活用しよう

 

シャドウ ウイングのスキル

「至高の猟犬」であれ!

パターン エングレイブを使った痛快な一撃がシャドウ ウイングの真髄だ!

シャドウ ウイングは全てのクラスの中で最も優れた攻撃力を持っており、爆発的な瞬間の攻撃力では他の追随を許さない。

また、装備によって能力が大きく違いが生じるので育成の楽しみを最も大きく感じることができる。
 
パターン エングレイブハイドなど多少複雑な操作が要求されるが、シャドウ ウイングのプレイスタイルを理解して百パーセントの能力を発揮することで、どんな状況でも対応することができるだろう。

 

またパーティープレイとソロプレイの両方ともスムーズに対応できるという点もシャドウ ウイングの魅力の一つとなる。


プレイヤーの育成方法により全く違う性格のクラスになることができるという点もシャドウ ウイングの魅力として感じることだろう。ハイドや頭脳的なプレイが可能なシャドウ ウイング!あなたもプレイしてみませんか?

刻印を活用しよう!

Lvが13になると、パターン エングレイブ Iを習得することができる。これは、ターゲットした相手に右図の様なマークを付けられ、かつ、ダメージを与える特殊なスキルだ。

 

この刻印は、5段階まで付与することができ、段階に応じて付加効果を発生させられるパターン エクスプロージョン I(※1)のようなスキルも存在する。

 

(※1:10m以内にいるターゲットに刻印されているパターンを5段階まで削除して爆発させ、ダメージを与えてスタン状態にする。ターゲットに刻印されているパターンの段階により、ダメージ量およびスタン発生確率は異なる。)

 

 

刻印が今、何段階まで付いているのかは、シャドウ ウイングの腕の見せ所となる。Lv20になり、スティグマを装着できるようになると、

サクセッシブ パターン エングレイブ I(※2)の様な、連続スキルからの派生で刻印することも可能になるので、刻印のフィニッシュとなる、エアリアル キャプチャー I(※3)などを、いかに、うまく決めていくのかがポイントだ。

 

(※2:ターゲットに34から38の物理ダメージを与え、パターンを3段階まで刻印する。連続スキル2段階めで、パターン エングレイブ - サクセッシブ パターン エングレイブといった様に使用する。スティグマ獲得スキル。)

 

(※3:1m以内にいるターゲットに刻印されているパターンを5段階まで削除して爆発させ、ダメージを与えてエアリアル リストレイン状態「空中束縛」にする。)

 

刻印スキルのポイント

刻印スキル:爆弾を仕掛ける

刻印削除スキル:爆弾を着火する

 

刻印の数が規定に達していない場合、刻印削除スキルを使っても、その効果は発揮されない。


 おすすめパターン

ビースト ロアから始まり、ビースト リア キック、ビースト ストライク ダウンへと繋がって行くシャドウ ウィングの代表的な連続スキル。刻印パターンを5段階まで刻印するために必要となる連続スキルで、使用頻度が非常に高い。

シャドウ ウイングについて一言!

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ