二つのブレード

遂行地域
適正レベル
取得 40 / 遂行 45
補償
経験値 1328100
関連クエスト
進行順序
  • 1. アヌシスと会話してクエスト取得

    位置例

  • 2. アステリアの深淵でリバース ブレードの破片1個を入手

    位置例

  • 3. 古代都市ルー地下要塞でデストラクション ブレードの破片1個を入手

    位置例

  • 4. アヌシスと会話してクエスト完了

    位置例

 

・関連ページ:ディヴァイン ドラゴンクエスト
・関連ページ:ディヴァイン ドラゴンシリーズ

1. アヌシスと会話してクエスト取得

位置表示

    

エリュシオン名人の聖堂でアヌシスに会って、クエストを始めよう。

ブレードの破片二つを集めてこいとのアヌシス。

 

クエスト龍剣の主になるチャンスを完了した後、エリュシオン名人の聖堂にいる武器工房で、アヌシスに会えば、受けられるクエスト。 アヌシスは、龍剣の下段の部分がアステリア湖宝物庫と古代都市ルー要塞宝物庫に隠されているので、これを持ってこいと言う。 また、これを加工するのに必要な費用360万ギーナも準備してくれと要求をする。

2. アステリアの深淵でリバース ブレードの破片1個を入手

位置表示

    

アビス上層部のアステリアの要塞が天族所有なのか確認しよう。

テルスに会えば、難なくアステリア湖要塞に移動することができる。

 

    

要塞中央部にある地下通路を通り、アーティファクトがある要塞中央の

部屋に移動しよう。

パーティーを組んだ状態で美しい風景画をクリックすれば、アステリア

の深淵に入場することができる。

 

アステリアの深淵は、アビス上層部のアステリア湖要塞内部にある宝物庫で、要塞中央の部屋にかかっている美しい風景画が、出入口の役割をする。 天族がアステリア湖要塞を占有している時、パーティーを組んだ状態で美しい風景画をクリックすれば、宝物庫の内部に入場できるので覚えておこう!

 

    

宝箱を開けるためにはネームドから鍵を得なければならない。

運が良いことにリバース ブレードの破片を入手!


 アステリアの深淵(宝物庫)に入場したプレーヤーは、内部にスポーンされる3個の宝箱を開けて、リバース ブレードを入手しなければならない。だが、単純にクリックだけで開けることが出来たアビス下層部の宝箱とは違い、アビス上層部の宝箱は、ネームドを退治して、鍵を得てこそ開けることができる。
 
宝箱を守っているネームドはかなり強く、制限時間内に宝箱を全て開けるのは無理だろう。
その上、クエスト アイテム、リバース ブレードはしょっちゅう出る物ではないので、運が良ければクリアできる。

3. 古代都市ルー地下要塞でデストラクション ブレードの破片1個を入手

位置表示

    

古代都市ルー要塞が占領不可状態の時、天族が占有していれば

宝物庫「古代都市ルー地下要塞」を利用することができる。

テミノン拠点の空間移動士テルスに会えば一気に要塞へ移動する

ことができる。

 

古代都市ルー地下要塞は、アビス上層部の古代都市ルー要塞内部にある宝物庫で、要塞真ん中の部屋にある古い石像が、出入口の役割をする。 天族が古代都市ルー要塞を占有している時、パーティー状態で古い石像をクリックすれば宝物庫内部で入場できるので参考にしよう!

 

    

古代都市ルー要塞レギオン部屋にある古い石像をパーティーを

組んだ状態でクリックすれば宝物庫内部に瞬間移動できる。

ネームドを退治して、鍵を得て、箱を開けたら数多くのアイテムと共に

デストラクション ブレードの破片が出てきた。

 

古代都市ルー地下要塞(宝物庫)に入場したプレーヤーは、内部にスポーンされる3個の宝箱を開いて、デストラクション ブレードを入手しなければならない。 だが、単純にクリックして開けることが出来たアビス下層部の宝箱とは違い、ネームドを退治して鍵を得てこそ宝箱を開けられので、制限時間が過ぎてしまうと箱は消えてしまう。攻略難易度は下層部の宝物庫より若干高い。 その上、クエスト アイテムのデストラクション ブレードはしょっちゅう出る物ではないので、運が良ければクリアできるだろう。

4. アヌシスと会話してクエスト完了

位置表示

    

エリュシオン武器工房にいるアヌシスに会おう。

2種のブレードと360万ギーナを渡せばクエスト完了。

 

リバース ブレードデストラクション ブレード360万ギーナを集めて、エリュシオンにいるアヌシスに渡せばクエスト完了。
 
・連続クエスト:龍剣に必要な最後の三つ

 

二つのブレードについて一言!

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ