アゾトラン要塞

アゾトラン要塞は、天族プレイヤーと魔族プレイヤーが入場できるインスタンス ダンジョンです。

 

アゾトラン要塞は、レベル43- 46の間のレパル団エリート グレードモンスターが登場する所である。
天族の場合、ミッションの記憶の断片3を進行するために訪問しなければならない。 魔族の場合には、潜入クエスト、天界レパル団の実験体を完了するためにアゾトラン要塞を訪問しなければならない。
 
天族の場合には、ミッションと関係があるので必ず訪問しなければならないが、魔族の場合は選択可能!
 
だが、クエスト完了時、高性能アクセサリーを得ることができ、大量のEXPをおまけとして得ることができるなど、確実な報酬が待っている。
 
その上、アゾトラン要塞のネームドから、かなり良い性能の装備アイテムを入手できるので、機会があれば訪問してみた方が良いだろう。

利用可能種族

天族,魔族利用可能

入場待機時間

 -

推薦パーティー人員

Lv43 ~ Lv46 5~6人

登場モンスターレベル

Lv43 ~ Lv46

 

・関連ページ:記憶の断片3

・関連ページ:天界レパル団の実験体

アゾトラン要塞関連リンク

アゾトラン要塞

 

 

アゾトラン要塞へ行く方法

天界インタルディカ のレパル団の研究基地付近くにあるインスタンスダンジョン、アゾトラン要塞の入場方法を紹介します。

アゾトラン要塞のネームド モンスター

有用なオプションが付いているアイテム、アゾトラン エリート シリーズをドロップするアゾトラン要塞のネームドを確認しましょう。

アゾトラン要塞の完全攻略

アゾトラン要塞の入口からラストボスの裏切り者 イカロニクスの撃破まで必要な攻略ルートを整理しました。
アゾトラン要塞関連クエスト

アゾトラン要塞を訪問し、レパル団の生体実験を阻止して、有用なアイテムを獲得しましょう。

アゾトラン エリートシリーズ

職業ごとに分かれている有用なアイテム、アゾトラン エリートシリーズの性能と特徴を確認しましょう。

ユニーク グレードシールドとアクセサリー

ユニーク グレードシールドRM-56Aを装備した
天族シールド ウイングの姿

アゾトラン要塞の新規ネームドが、ユニーク グレードシールド2種と指輪2種をドロップすることが確認された。
 
シールドは敵対値減少オプションが付くものと、敵対値増加オプションが付くものに分かれている。指輪の場合、物理クリティカル数値が高く適用されているものと、魔法増幅力数値が高く適用されているもので分かれている。
 
特に敵対値増加オプションがあるシールドの場合、アゾトラン エリート プレートシリーズとともに着用すれば最大9.5%まで敵対値を増加させることができて、敵対値管理に集中しなければならないタンカーに非常に有効である。

 

 

 

 

ユニーク グレードのシールド



名前

レベル
シールド防御
ダメージ減少
オプション

RM-56A4682245最大HP 299
シールド防御 80
魔法抵抗力 35
敵対値 増幅力 4.4%

RM-56B4682245最大MP 199
物理防御力 65
フォーカス 78
最大HP 99
敵対値 増幅力 -2.2%

 

ユニーク グレードのリング

アゾトラン エリートシリーズ

アゾトラン エリートシリーズは、ショルダー ガード、グローブ、シューズの三つのパーツで構成されている防具シリーズで、レベル45から着用することができる。すべてのパーツに敵対値関連オプションが付いている。ユニーク グレードアイテムに比べて、その性能は満足でないこともあるが、一時的に使うには非常に有効なオプションが付いているので、今後、レベルが高い狩場を攻略するときには、大いに役に立つはずだ。
アゾトラン要塞に登場する新規ネームドが、一定確率でドロップする。

 

アゾトラン エリートローブ シリーズ

 

アゾトラン エリート レザーシリーズ

 

アゾトラン エリート チェーンシリーズ

 

アゾトラン エリート プレートシリーズ

 

・関連ページ:アゾトラン エリートシリーズ

アゾトラン要塞について一言!

番号 タイトル 作成者 作成日 照会数
358 アゾトラン要塞 リンクミス 七実 09.08.07 3591

作成

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ