完全体の破壊

遂行地域
適正レベル
取得 41 / 遂行 44
補償
関連クエスト
進行順序
  • 1. ネリソンと会話してクエスト取得

    位置例

  • 2. インタルディカのアビスの関門クリック、アビス進入

    位置例

  • 3. テルスと会話

    位置例

  • 4. セプティムスと会話

    位置例

  • 5. RM-114c退治、RM-114cの細胞10個を入手

    位置例

  • 6. クセノフォンと会話してクエスト完了

    位置例

1. ネリソンと会話してクエスト取得

位置表示

     

ネリソンは研究基地の監視拠点にいる。

プレイヤーの健闘を祈るネリソン。

 

レパル団の陰謀というクエストを完了した後に、研究基地の監視拠点にいるネリソンから受けられるクエストだ。
ネリソンに話を聞くと、完全体RM-114cはアビス上層部のアステリア湖にいるという。


 

このクエストはパーティークエストである。信頼できる仲間とパーティーを結成してレパル団が作り上げたRM-114cを倒さなければならない。 またエリュシオンのクセノフォンに会うことでクエストが完了するので、エリュシオン帰還スクロールを携帯して始めると終盤の移動がとても簡単に済む。 またアビス上層部 アステリア湖要塞周辺を歩き回りながらRM-114cを狩らなければならないので、アステリア湖要塞が天族占領時に進行するのがセオリー。要塞が天族占領時の場合はマップ画面で浮遊大陸が緑色で表示される。

2. インタルディカのアビスの関門クリック、アビス進入

位置表示

     

インタルディカ要塞の上空にアビス関門がある。

アビス関門をダブル クリックすればテミノン拠点へ移動できる。

 

インタルディカ要塞の上空にあるアビス関門を利用してアビスへ向かおう。アビス関門をダブル クリックすればアビス下部のテミノン拠点へと移動できるぞ。アビス関門を利用するにはアビス入場クエストを完了している必要があるので注意。

3. テルスと会話

位置表示

     

空間移動士テルスはここにいる。 

東ラテスランの尾根を選んでギーナの支払いだ。

 

テミノン拠点へたどり着いたら空間移動士テルスに会って、所定のギーナを支払って東ラテスランの尾根へ移動しよう。

4. セプティムスと会話

位置表示

     

セプティムスはテルスに運ばれた際の着地点のそばにいる。

ギーナさえ支払えばアビスも上下に移動できるわけだ。

 

東ラテスランの尾根には下層部から上層部へテレポートさせてくれるアビス移動士セプティムスがいる。所定のギーナを支払ってアビス上層部へ移動しよう。

5. RM-114c退治、RM-114cの細胞10個を入手

位置表示

     

アステリア湖まで飛行で移動しよう。

要塞周辺にある滝の間に、内部の空間が伺える。

 

アビス上層部 東ラテスランの尾根に到着したら、アステリア湖へ向かおう。到着地から北へ飛んでいけば大丈夫だ。
アステリア湖は中央に要塞がある浮遊大陸で、その要塞に向けて周囲から滝が流れ落ちる。じつはその滝のひとつにレパル団がいるのだ。

 

いくつかある滝の中で南にある滝に注目してみよう。滝が流れ出すところに奥へと続く洞窟のような穴が見つかるはず。飛行でそこまで移動してみれば、その穴はアステリア湖の地下に広がる大空洞へとつながっている。そこには秘密研究所 訓練官に混ざって今回のターゲットであるRM-114cもいるというわけだ。

 

     

スキルが強力な上にHP&防御力も高い。

RM-114c RM-114cの細胞を入手成功だ。


RM-114cはスキル エア ポルーションとストライク、ディジーズなどを駆使するモンスターで、かなりの強敵といえる。広い場所なので他のモンスターを呼ばないようにうまくRM-114cを単体でおびき出して戦おう。狩ると高い確率でRM-114cの細胞をドロップする。RM-114c細胞が10個集まったらエリュシオンへ戻ろう。エリュシオン帰還スクロールが使えると時間もギーナも節約できるぞ。

6. クセノフォンと会話してクエスト完了

位置表示

     

クセノフォンはエリュシオン 賢者の図書館にいる。

レパル団の陰謀はいつまで続くのだろうか...。

 

エリュシオン 賢者の図書館にいるクセノフォンにRM-114cの細胞を届ければクエスト完了だ。

完全体の破壊について一言!

番号 タイトル 作成者 作成日 照会数
499 完全体の破壊 RM-114cについて [1] ☆ジュリエット☆ 09.10.13 4829

作成

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ