下部関門兵処置

遂行地域
適正レベル
取得 37 / 遂行 39
補償
経験値 1488450 / 67240 ギーナ
+ 追加報酬 アビス ポイント 350
関連クエスト
進行順序
  • 1. ボダンと会話してクエスト取得

    位置例

  • 2. 西シエル要塞の要塞戦に参加して要塞の関門兵退治

    位置例

  • 3. 東シエル要塞の要塞戦に参加して要塞の関門兵退治

    位置例

  • 4. サルファ ツリー要塞の要塞戦に参加して要塞の関門兵退治

    位置例

  • 5. ボダンと会話してクエスト完了

    位置例

1. ボダンと会話してクエスト取得

位置表示

プリモム拠点にいるNPCボダンと話せばクエスト取得。
ボダンはアビス下部で魔族が優勢になるためには要塞を占領する必要があるという。 それでその前哨戦で要塞入口を守る要塞の関門兵をなぎ倒してこいという。

 

クエストNPCのボダン。プリモム要塞内部にいる

褒めているように見せかけて... 要は要塞戦に出て行きなさいってことだろう?


 これからプレイヤーはアビス下部の要塞を歩き回りながら(西シエルの要塞、東シエルの要塞、サルファ ツリー要塞)各要塞に出現する要塞の関門兵をなぎ倒さなければならない。 関門兵は天族あるいは龍族が要塞を占領している状況で要塞戦が始まれば要塞の前に登場する。 この時ランダムに下級か中級か上級関門兵が登場するが、階級が高いほど関門兵の能力値が高まる。

 

上級関門兵の場合レジェンド ネームド モンスター並みに強力になるから必ずパーティーあるいはフォースを組んで行かなければならない。 いつも全体チャットウィンドウもしくはマップを見ながら、要塞戦状況をチェックしておくこと(要塞の関門兵をなぎ倒す時、順序は関係がない)。

2. 西シエル要塞の要塞戦に参加して要塞の関門兵退治

位置表示

西シエルの要塞の要塞戦時登場する関門兵はアビス深層部で登場するネームド モンスター、最初の破片 メノティオスを連想させる(こちらが先か?)。

 

西シエルの要塞。現在要塞占領可能なのだが...... 守備側だね?

天族あるいは龍族が要塞を占領している状態の時だけで登場する。

 

とにかく使うスキルも殆ど同じで、一度に数人を自分の元に引っ張るワイドエリア プル、一発に1500~2000ダメージをあたえるオード ブリード、周辺のすべてのプレイヤーを空中に縛ってしまうワイドエリア オード バインドスキルを使う。 城門近くの警備兵を片付けた後1人が要塞の関門兵を敵がいない場所まで引っ張ってきた後戦う方が楽だ(要塞戦の場合団体で押しかけて、敵を分断してしまうことが日常茶飯事かもしれないが)。
 
ボウ ウイング、スペル ウイングなど遠距離攻撃手とキュア ウイングは20~25mの距離を維持しながら、攻撃を受けないように注意して、シールド ウイング、ソード ウイング、シャドウ ウイングは攻撃に努力して、最大限早く時間内に倒すことが重要だ。

3. 東シエル要塞の要塞戦に参加して要塞の関門兵退治

位置表示

東シエルの要塞の要塞戦時登場する関門兵は西シエルの要塞に登場した要塞関門兵と同一だ。 アクティブスキルおよび能力値も同じだから、先程紹介したように相手にすれば良い。 ちなみに関門兵が倒れる時、一定範囲内にいなければクリアしたことにならないので、付近にキスクを立てておいて、万が一やられたときでも即座に復活することが重要だ。

 

 

 

4. サルファ ツリー要塞の要塞戦に参加して要塞の関門兵退治

位置表示

サルファ ツリー要塞の要塞戦時出現する関門兵は巨大な木人間だ。

 

要塞占領可能。その上天族が支配している! 攻撃開始!

サルファ ツリー要塞の関門要塞兵は巨大な木人間

 

主なスキルは1人にダメージ+ノックオフ効果をあたえるサルファー スローと広範囲のキャラクターにダメージ+マヒ+ノックオフ効果をあたえるワイドエリア サルファー パララシス. ダメージ自体はそんなに大きくないがステータス異常がだいぶ苛立つ。 その上倒れている状態で周辺の守護塔の攻撃を受けると面倒だから、シールド ウイング1人が要塞の関門兵を抑えている間、他のパーティーメンバーがいちはやく守護塔を破壊しなければならない。
 
要塞の関門兵自体はそんなに強い方ではないから、ここまで進めれば特に問題はないだろう。

5. ボダンと会話してクエスト完了

位置表示

アビス下部の三要塞で要塞戦に参加して、三箇所の関門兵をなぎ倒せばプリモム拠点に戻って、NPCボダンに会おう。
その後、後続クエストエレシュランタ戦況の逆転に続く。

下部関門兵処置について一言!

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ