テンペル神石

 

Episode 2.6 テンペルの秘密実装時に追加されたレア グレードの神石。第2テンペル訓練所の隠しステージであるテンペルの亀裂で相手種族のNPCを倒すと一定確率でこの神石が手に入る。

入手法:ドロップ アイテム

第2テンペル訓練所で遂行できるクエストの中には最終ネームド モンスター空間の覇者 バンクを反復で5回倒すというクエストがある。このクエストをクリアすべく、5回目の討伐を達成すると、バンクがいた場所にテンペルの亀裂が発生して、隠しステージへ進むことができる。
 
隠しステージには龍族のモンスター、あるいは敵対種族NPCのどちらかがランダムで出現する。そして、敵対種族NPCを倒した際に一定の確率でテンペル神石をドロップする。つまり、該当するクエストの関係から、5回に1回手に入れるチャンスが訪れるわけだ。

 

関連ステージ: テンペルの亀裂

特徴

タイプ

麻痺沈黙失明出血火属性、地属性 の7種類。

エフェクト

エフェクトは従来のレジェンド グレード神石と同じです。

効果

発動確率は従来のレジェンド グレード神石と同じだが効果は約60〜80%に低減されている。
・状態異常神石(マヒ、沈黙、失明):持続時間が従来の約60%
・追加ダメージ神石(出血、中毒):持続時間が従来の約80%
・属性ダメージ神石(火、地):ダメージが従来の約80%

 

例) 沈黙神石の性能比較



名前

説明

神石:スルドゲルミルの暗黙武器に5%の確率でターゲットを8秒間、沈黙させる効果を与えます。
神石強化士を訪ねれば装着できます。

神石:イングネスの静寂武器に5%の確率でターゲットを5秒間、沈黙させる効果を与えます。
神石強化士を訪ねれば装着できます。

※相手を状態異常にさせる確率自体は従来の神石もテンペル神石も変わらないが、その持続時間に差がある。

活用法

気軽に武器へ付与できる

テンペル神石はレア グレードのため、従来の神石に比べると効果が落ちる。そのためヒーロー グレードの武器に組み合わせるのは少々惜しい。むしろ、将来的に手放す武器に高価な神石を組み合わせる勇気が出せない場合など、コストパフォーマンスの点から強力な援軍となってくれるだろう。とくに沈黙や麻痺、失明神石などの状態異常の神石はレア グレードといえども積極的に活用していきたい。


左手武器に有用である
沈黙や失明などの状態異常神石は、左手に装備する武器へ組み合わせると発動確率が50%に低下する。このデメリットを別視点から考えれば、元々の発動確率が低いテンペル神石の方が、相手を状態異常効果にする合計時間のロスが少ないといえるだろう。

【右手】5%の発動確率で100回攻撃した場合の状態異常効果の合計時間 = 一般神石40秒テンペル神石25秒
【左手】2.5%の発動確率で100回攻撃した場合の状態異常効果の合計時間 = 一般神石20秒テンペル神石12.5秒

※テンペル神石の方が左右での効果合計時間のロスが少ない。(上記の合計時間は確率から導かれる期待値です)

 

テンペル神石リスト

以下のリストにある神石の名前をクリックすると、武器へ付与した際の着用ショットが確認できます。

 



名前

説明

神石:イングリルの恐怖武器に2%の確率でターゲットを3秒間、麻痺させる効果を与えます。
神石強化士を訪ねれば装着できます。

神石:イングネスの静寂武器に5%の確率でターゲットを5秒間、沈黙させる効果を与えます。
神石強化士を訪ねれば装着できます。

神石:バンクの涙武器に5%の確率でターゲットを5秒間、失明させる効果を与えます。
神石強化士を訪ねれば装着できます。

神石:ティモラの訓練武器に2%の確率で750ポイントの火属性ダメージを負わせる効果を与えます。
神石強化士を訪ねれば装着できます。

神石:マジオンの命令武器に2%の確率で750ポイントの土属性ダメージを負わせる効果を与えます。
神石強化士を訪ねれば装着できます。

神石:キージャンの叫び武器に10%の確率で16秒間、2秒ごとに38ポイントの毒ダメージを負わせる効果を与えます。
神石強化士を訪ねれば装着できます。

神石:ラオメドンの誓い武器に8%の確率で8秒間、2秒ごとに71ポイントの出血ダメージを負わせる効果を与えます。
神石強化士を訪ねれば装着できます。

テンペル神石について一言!

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ