スペルス遺跡の調査

遂行地域
適正レベル
取得 30 / 遂行 32
補償
関連クエスト
   ---
進行順序

1. NPC サラントスに会ってクエスト取得

      

サラントスはインタルディカ要塞にいる。

 イベリアを助けてほしいと頼むサラントス。

 

インタルディカ要塞にいるサラントスから受けられるクエストだ。サラントスに話を聞くと、敵軍を調査しているイベリアが助手となってくれるディーヴァを必要としているらしい。サラントスはイベリアを助けてくれないかと要請する。

2. NPC イベリアと会話

     

イベリアは壊れた守護塔で遺跡調査をしている。

彫刻が彫られた石壁の入手を助けてほしいという。

 

イベリアは壊れた守護塔にいる西風のディーヴァだ。
彼女はプレイヤーのウワサを聞いた事があると少々興味を抱くが、それもつかの間...今回の任務に就いて話し始める。スペルス石山の近所には古代都市の記録と共に龍族に関する記録も残っているらしい。その関連記録が記された彫刻が彫られた石壁を集めてきてほしいと頼まれる。

3. 彫刻が彫られた石壁を1個入手

     

彫刻が彫られた石壁はこのあたりにある。

遺跡の奥に彫刻が彫られた石壁がある。アイコンを目印に探そう。

 

スペルス石山から西へ道沿いに移動すると、その途中で廃墟となった遺跡を発見できるはずだ。
ここはホーン フェザー エティンとイエロー トゥース エティン、それにビック エティンが群れをなし、エティンのアジトと化していて人の気配が感じられない場所だ。

 

     

廃墟になった遺跡の奥で彫刻が彫られた石壁を発見。

ダブル クリックして入手しよう。


彫刻が彫られた石壁を入手。

エティンを狩りながら、階段を上って遺跡の奥へ行くと彫刻が彫られた石壁を発見できる。
これをダブル クリックすれば彫刻が彫られた石壁がキューブの中にこっそり加わる。

4. NPC イベリアと会話

     

ひとまずイベリアの所へ帰ろう。

石壁に彫られた内容を解読できないイベリア。

 

イベリアに会って石壁を見せると、石壁に彫られた内容が龍族と関連した事ではないうえに解読さえ大変だという。そこでインタルディカ要塞にいるサラントスに解読の助言を求めることに。

5. NPC サラントスと会話

     

インタルディカ要塞内にいるサラントスに会う必要がある。.

サラントスから解読の専門家イピキオを紹介される。

 

      

       空間移動士を利用してエリュシオンへ移動しよう。

インタルディカ要塞にいるサラントスに話を聞くと、エリュシオン 賢者の図書館の2階にいるイピキオなら内容がわかるはずだという。サラントスはイピキオに会ってみることを推薦する。
インタルディカ要塞にいる空間移動士 バラントスに所定のギーナを支払って、エリュシオンへ向かおう。

6. NPCイピキオと会話

     

イピキオはエリュシオン 賢者の図書館の2階にいる。

豊穣の聖堂の前にある瞬間移動石像を使えばショートカットできる。

 

イピキオはエリュシオン賢者の図書館の2階にいる。2階の秘密書庫へ入るには秘密図書館の出入許可というクエストを完了している状態でラトリに話しかければいい。

 

ラトリとの簡単な会話の後に秘密の書庫に入ったら、すぐ前で本を読んでいるイピキオに会えるはずだ。

 

     

ラトリの許可なしでは秘密書庫には入れない。

アビスへ行かなければならないようだ。

 

イピキオは大破局の時に消えた古代都市ルーに言及する。そして、その古代都市ルーがアビス上層部で発見されたらしい。イピキオはアビス下層部のテミノン要塞にいるアスカロンに会って、助言を受けてみてはと話す。

7. インタルディカ要塞のアビス関門からテミノン拠点へ移動

     

インタルディカ要塞の上空写真。アビス関門が空中で光っている。

アビス関門をダブル クリックして、アビスへ移動しよう。

 

インタルディカ要塞に戻って、アビスへ渡る準備をしよう。
アビスに出入りするためには、まずアビス入場クエストを完了している必要がある(このクエストを完了していないとインタルディカ要塞の上空にあるアビス関門が使えないのだ)。インタルディカのアビス関門をダブル クリックして、アビスへ移動しよう。
 

1.心の準備 2.アビスの知識 3.任務を遂行する能力

4.最後の試験 以上、4つのクエスト全てを完了してこそアビスに移動できる資格が与えられる。

8. NPCアスカロンと会話

     

アスカロンはアビス下層部テミノン拠点にいる。

何だか糸口がつかめそうな予感が...。

 

アビス下部のテミノン要塞にいるレギオンリーダーアスカロンに話を聞くと、自分も古代都市ルーで遺跡を見たことがあると言いながら、古代都市ルーへ行く方法を詳細に説明してくれる。

 

テミノン要塞の2階にあるキベリスク。

アビスは魔族とPvPが可能な危険地域だ。周囲との戦闘は極力避けるために、クエスト進行時は動線を最短距離に保つ事を心がけよう。もっとも目的地まで移動する時はやむを得ず危険を甘受しなければならないが、リターン時まで危険に耐える必要はなさそうだ。
 
必ずアビス ポイントを獲得すべきだと考えるプレイヤーでなければ、古代都市ルーへ移動する前にテミノン要塞2階にあるキベリスクで登録する事を勧める。

9. アビス上層部へ移動する

     

空間移動士テルスはテミノン拠点のラティス広場にいる。

移動可能な地域は白いウイングで表示される。

 

テミノン要塞にいる空間移動士テルスと会話して空間移動が可能な地域一覧をチェックしよう。
もし、古代都市ルーにある要塞が天族占領中ならば、テルスに古代都市ルーへ直行便を頼めばいいが、魔族・龍族が占領している場合だと多少複雑な回り道をすることになる。
古代都市ルーの要塞が天族占領の要塞でない場合は、いったん西ラテスランの尾根へ移動する。そして、到着地にいるエコーに所定のギーナを支払って、アビス上層部へ層間移動していこう。
 

     

アビス下層部にある西ラテスランの尾根に到着。

その場にいるエコーに頼んでアビス上層部へ移動しよう。

 

アビス上層部にある西ラテスランの尾根に到達したら、そこからは自分の飛行能力を利用して古代都市ルーへ移動しなければならない。

10. 古代都市ルーの石版を1個入手

     

古代都市ルーの石版はこのあたりにある。

青白い光の柱が灯っているところが古代都市ルーの要塞だ。

 

古代都市ルーの郊外を探索してみると、石山の中腹に林立するほこらにアクティブモンスターのカーズド エンシェント レジデントがいるのがわかるはず。

 

     

要塞郊外にある荒廃した石山。人が生活していたような痕跡がある。

山の急斜面のほこらのにカーズド エンシェントレジデントを発見。

 

     

カーズド エンシェント レジデントが石版の番人のようだ。

ダブル クリックすれば石版を入手できる。

 

よく見ると何体かのカーズド エンシェント レジデントが石版を守っているので、それらを狩って古代都市ルーの石版を手に入れよう。
石版を入手したらリータンスキルを使って、テミノン要塞へ帰ろう。

11. NPCアスカロンと会話

アスカロンに話を聞くと、すべての疑問が解決された。

テミノン要塞にいるアスカロンに報告すると、古代都市ルーとスペルグ石山は密接な関連がある事が明らかになり、この情報をサラントスへ届けるためにプレイヤーはもう一度インタルディカへ向かう事になる。
 

12. インタルディカ 移動塔を使ってインタルディカ要塞へ移動

     

インタルディカ 移動塔は出陣の広場にある。

光の柱をダブル クリックすればインタルディカ要塞へ移動するぞ。

 

テミノン拠点 出陣の広場にあるインタルディカ 移動塔をダブル クリックして所定のギーナを支払えば、インタルディカ要塞へ移動できる。インタルディカ要塞帰還スクロールを持っているなら、そちらを利用してもいいだろう。

13. NPCサラントスに会ってクエスト完了

     

インタルディカ要塞にいるサラントスに会えば任務完了だ。

今回は長い旅路だったが、ようやく幕を下ろす。

 

インタルディカ要塞にいるサラントスに会えばクエストは完了だ。

関連ミッション


名前

レベル
詳細エリア
開始条件
30インタルディカ要塞
レベル 30達成時自動獲得
32インタルディカ要塞
インタルディカ要塞隊長の指令クリア
NPCと会話
(サラントス)
46インタルディカ要塞
NPCと会話
(ペレント)
48インタルディカ要塞
インタルディカ全てのミッションクリア
NPCと会話
(ペレント)
34インタルディカ結界塔
NPCと会話
(アフェシウス)
38セネモネアの野営地
NPCと会話
(セネモネア)
36パセルタ村
NPCと会話
(トラヤヌス)
40インタルディカ要塞
NPCと会話
(ソフィネ)
42インタルディカ要塞
NPCと会話
(バルシタ)
39パセルタ村
NPCと会話
(テシア)
43インタルディカその他
NPCと会話
(マバンター)
41インタルディカ要塞
NPCと会話
(スラテス)

スペルス遺跡の調査について一言!

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ