記憶の断片2

遂行地域
適正レベル
取得 35 / 遂行 40
補償
経験値 3162900 / 106270 ギーナ
+ 追加報酬 アビス ポイント 2500
関連クエスト
進行順序
  • 1. ユデティオと会話してクエスト取得

    位置例

  • 2. ネストールと会話

    位置例

  • 3. ブラック ブレイズ スピリット退治、黒い火炎の石3個を入手

    位置例

  • 4. ディアナと会話

    位置例

  • 5. ネストールと会話

    位置例

  • 6. アイトラと会話

    位置例

  • 7. ボレアスと会話してクエスト完了

    位置例

1. ユデティオと会話してクエスト取得

位置表示

     

ユディティオはアビス下層部のテミノン拠点にいる。

まずはエリュシオンにいるネストールに会ってみろという。

 

アーティファクト守護者の助言記憶の破片という2つのミッションを完了した後に、アビス下層部のテミノン拠点にいるユデティオから受けられるミッションだ。
ユディティオは「影」というキーワードに対して明確な説明をしてくれないが、まずはエリュシオンにいるネストールに会う事が、その意味を知る第一歩だと話す。

2. ネストールと会話

位置表示

     

ネストールはエリュシオン賢者の図書館にいる。

影に関わる過去を知る手助けをしてくれるネストール。


こちらを影の友と呼びながら、ネストールがいままで隠していた秘密を話し始める。
過去にプレイヤーが率いていたレギオンが壊滅したのは、部下の1人であるイカロニクスに原因があるかもしれないという。そして、さらなる真実を知りたければ、魔石:MP +50ラピスラズリの原石、黒い火炎の石を準備して、錬金術名人のディアナに会えと助言してくれる。

 

魔石:MP +50はインタルディカやテオボモスにいる多くのモンスターがドロップする魔石なので集めるのは大変ではないはず。
ラピスラズリの原石を採集にするためにはマテリアル抽出スキルが245以上必要となる。
これらのアイテムを集めるのが難しいならば、仲間とのトレードや取引仲介所を利用してみるのも手だろう。

3. ブラック ブレイズ スピリット退治、黒い火炎の石3個を入手

位置表示

     

ブラック ブレイズ スピリットはアビス上層部クロタン島に生息する。

溶岩のような外観をしたブラック ブレイズ スピリット。

 

ブラック ブレイズ スピリットはアビス上層部のクロタン島に棲息している。
レベル40のノーマルモンスターなので、このクエストを受けられるプレイヤーなら狩りの難度はそれほど高くはないはず。
さらにクエスト アイテムである黒い火炎の石のドロップ率はかなり高い。というわけで、それほど狩りに時間をかけなくても必要な数が集まるはずだ。

4. ディアナと会話

位置表示

     

ディアナはエリュシオン名人の聖堂にいる。

独特の物を作る事が錬金術の真骨頂。

 

エリュシオン名人の聖堂にいる錬金術名人ディアナにラピスラズリの原石と魔石:MP +50をそれぞれ1個ずつ、そして黒い火炎の石を3個渡せば、ディアナが隠された真実のオーブを製作してくれる。これを賢者の図書館にいるネストールへ届けよう。

5. ネストールと会話

位置表示

     

ネストールに会ってオーブを渡そう。

オーブの上に手をかざせと話すネストール。

 

賢者の図書館にいるネストールに真実のオーブができた事を知らせよう。
ネストールは過去を見て回る心の準備ができたらオーブの上に手をかざせと話す。
そして、エクスとイカロニクスの間で何があったのか、過去に起きたある事件、その真実が目の前に繰り広げられていく...。
エクスが失踪した理由を...ネストールに話してあげよう。

6. アイトラと会話

位置表示

     

神官であるアイトラはエリュシオン大聖堂にいる。

エクスのたどった運命をボレアスにも伝えてほしいという。

 

エリュシオン大聖堂にいるアイトラへエクスがたどった運命を伝えに行こう。
エクス、そしてイカロニクスの件を隠密に。あくまで隠密にボレアスへ報告してほしいと頼まれる。ボレアスのいる守護の聖堂へ向かおう。

7. ボレアスと会話してクエスト完了

位置表示

     

長かったミッションもボレアスに会う事でようやく終わりとなる。

事件の転末を知ったボレアスはイカロニクスの追跡を決意する。

 

エリュシオン守護の聖堂にいるボレアスに報告すればクエスト完了だ。

 

・連続クエスト:記憶の断片3

記憶の断片2について一言!

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ