製作技術の試験

遂行地域
適正レベル
取得 50 / 遂行 50
補償
関連クエスト
進行順序
  • 1. ラビリントスと会話して製作技術を選択

    位置例

  • 2. 選択した製作の名人と会話

    位置例

  • 3. 熱い魔力の心臓を製作して アヌシスに渡す

    位置例

  • 4. 高級アクセサリー商店で輝く誓いの石を購入

    位置例

  • 5. 輝く誓いの石を持ってユクレアスと会話して神聖な儀式を行う

    位置例

  • 6. ラビリントスと会話してクエスト完了

    位置例

1. ラビリントスと会話して製作技術を選択

位置表示

      

 守護の聖堂の3階で会える。

       製作技術を軽視するなというラビリントス

 

今回の試験は製作技術というラビリントス。攻撃用製作技術(武器製作細工)、防御用製作技術(金属鎧製作裁縫)、補助用製作技術(料理錬金術)の中から、望む技術を慎重に選んで、試験に通過しろという。

2. 選択した製作の名人と会話

位置表示

       

達人になった製作技術名人を訪ねて行こう!

熱い魔力の心臓を作って、アヌシスに行けという。

 

製作達人らが集まっている名人の聖堂に行こう。 もし、達人および熟練度が449Pある製作技術があれば、それに関連した製作名人を訪ねればいい。
製作の名人と会話をすればレシピ:魔力の心臓を貰える。このレシピに合う材料を集めて、上級 結果物の熱い魔力の心臓を得なければならない。(製作種類に関わらず、同じ内容の製作レシピを貰う。)
 
・関連ページ:製作別名人ら確認

3. 熱い魔力の心臓を製作して アヌシスに渡す

位置表示

魔力の心臓の製作中にクリティカルが発動して、熱い魔力の心臓が製作中に製作の失敗確率は存在する。

 

      

名人から熱い魔力の心臓を作ることができるレシピ取得!

       運よく二回目で熱い魔力の心臓獲得!

 

レシピを取得した後、材料を集めて熱い魔力の心臓を製作しよう。
熱い魔力の心臓を製作するためには、熱い龍族の心臓12個、煮えたぎる龍族の血痕125個、達人の特級 武器の製錬石1個、達人の特級 防具の製錬石1個、達人の特級 アクセサリーの製錬石1個、純粋なオード2個が必要だ。


魔力の心臓を製作すると、上級 結果物の熱い魔力の心臓を得ることになる。 二つのアイテムはどちらもトレード不可アイテムなので覚えておこう。

ちなみに、魔力の心臓5個があればNPCコルティンに行って煮えたぎる龍族の血痕100個で交換するクエストが受けられる。

      

名人の聖堂の武器製作所にいるアヌシス  。

        熱い魔力の心臓を渡そう。

 

熱い魔力の心臓の製作に成功したら、名人の聖堂内の武器製作所にいるエリュシオンの名匠アヌシスに会おう。 実際に物を見て評価するので熱い魔力の心臓を見せてくれというアヌシス。
熱い魔力の心臓と交換にミラジェント聖騎士の記章を入手。

4. 高級アクセサリー商店で輝く誓いの石を購入

位置表示

      

聖なる道にある高級アクセサリー商店を訪ねよう

ペレナまたはオフェネスから輝く誓いの石を購入

 
聖なる道の高級アクセサリー商店にいる、神聖アクセサリーのディーヴァ ペレナまたはオフェネスに話しかけて、輝く誓いの石を購入する。
輝く誓いの石を購入したら、エリュシオン大聖堂にいるユクレアス大神官を訪ねよう。

5. 輝く誓いの石を持ってユクレアスと会話して神聖な儀式を行う

位置表示

      

エリュシオン大聖堂でユクレアスを訪ねよう

輝く誓いの石を渡せば神聖な儀式が始まる

 

高級アクセサリー商店で購入した輝く誓いの石を持って、ユクレアスに会い神聖な儀式を行う。

6. ラビリントスと会話してクエスト完了

位置表示

      

守護の聖堂でラビリントスを訪ねて行こう 

     ミラジェント聖騎士の記章を見せて報酬をもらおう

 

熱い魔力の心臓を、製作したか確認して、ミラジェント聖騎士の記章を見せてくれというラビリントス。 ミラジェント聖騎士の記章を渡すと、一定量の経験値とミラジェントボトムスを報酬でもらい、クエストは終了する。
そして、そろそろ終わりだと言い、運と根気の試験クエストにつながる。

製作技術の試験について一言!

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ