料理への熱意

遂行地域
適正レベル
取得 29 / 遂行 30
補償
経験値 87300
関連クエスト
進行順序
  • 1. ライニタと会話してクエスト取得

    位置例

  • 2. 4種類料理製作に必要材料を入手

    位置例

  • 3. 4種類おいしい料理製作

    位置例

  • 4. ライニタと会話してクエスト完了

    位置例

1. ライニタと会話してクエスト取得

位置表示

本当に私に達人と呼ばれるほどの才能があるのか!

料理達人の始まり(魔族)クエストを完了すれば開始されるクエスト。
 
パンデモニウム料理工房にいる料理名人ライニタに話しかければ、プレイヤーは生まれて初めて見る料理をレシピだけ見てあっさりと作ってしまう天分の才があるという。

 

ライニタはプレイヤーが作ってきた料理は味と香りが実に素晴らしく良いとしながら、極めて優れた才を持つとし試験を一度にやるとし、おいしいカイノ煮おいしいロブナイトのバター焼きおいしいバイゼンのオムレツおいしいメルディオン炒めを作ってこいという。

2. 4種類料理製作に必要材料を入手

位置表示

すべての副材料は料理商人が販売する

おいしいカイノ煮おいしいロブナイトのバター焼きおいしいバイゼンのオムレツおいしいメルディオン炒めを製作するための材料は下段のリンクをクリックして確認しよう。
 
 4種類の料理のレシピはすべて料理商人ダライアが販売しているし、メイン料理の材料を除いた調味料もダライアが販売しているので参考にしよう。
 
クエスト目標料理のメイン材料のカイノロブナイトの生肉バイゼンメルディオンの生肉は狩りや採集を通して入手でき、取引仲介人を通して購入することもできる。

 

 

 

料理製作材料

3. 4種類おいしい料理製作

位置表示

ピカッとするとコンボが発動する

おいしいカイノ煮おいしいロブナイトのバター焼きおいしいバイゼンのオムレツおいしいメルディオン炒めを製作するためにはカイノ煮ロブナイトのバター焼きバイゼンのオムレツメルディオン炒め製作中にコンボが発動しなければならない。

 

製作中コンボが発動する確率は低いが、すでに熟練度が399ポイント以上だから体感上30%程度の確率でコンボが発動する。

 

上で言及した料理を作る分には熟練度が高く失敗する確率は殆どないから安心して製作を進行してもかまわない。

 

コンボが発動する場合ターゲットのアイテム名が変更されて、製作が初めからまた進行されるので参考にしよう。

4. ライニタと会話してクエスト完了

位置表示

何かのマンガに出てきそうな話を選んでするのか

おいしいカイノ煮おいしいロブナイトのバター焼きおいしいバイゼンのオムレツおいしいメルディオン炒めを各々10個ずつ製作した後でパンデモニウムにいる料理名人ライニタの元に戻ろう。
 
ライニタは自分は料理大会で優勝した後に魔界各地を流浪しながら、各地域の特産物と郷土料理をみな堪能したとしてこういう過程の中で味覚がますます鍛練されたがプレイヤーは持って生まれた味覚の才があるようだという。
 
料理を渡せばプレイヤーには簡単だったようだねと言いながら料理ごとに素材の旨みを生かしたとても良い料理と褒めちぎる。

そしてライニタは報酬として一定経験値を与えて、今後の達人クエストと関連するだろう。

Ep2.0 仕様変更版 (暫定)

 

クエスト専用レシピはNPCダライアから購入できる

Ep2.0 での仕様変更によって、クエスト専用のレシピで料理を作ることになった。

 

クエスト用のレシピはNPC ダライアから購入可能なので入手の心配はない。

しかし、製作回数1回制限がついているので、おいしい料理ができるまで毎回購入し、覚え直す必要がある。運が悪いと相当な出費になるので覚悟が必要だろう。

 

 

注)画像の価格は税率5%の物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クエストに必要な物は、通常食材の他にオードの破片が入ってきた。

 

クエストアイテムに必要な物

おいしくならなかった料理はNPC売却できないので「破壊」する必要がある。

これらの「おいしい料理」を手にするまで、チャレンジする必要があり、何回目でおいしくなるかは「神のみぞ知る」である。

食材は多めに用意した方が良さそうだ・・・。

 

 

 

編集後記

Ep2.0以降のクエスト内容がパワーウィキに反映されていないため、このような暫定的な形ではありますが

把握できた物について、編集を加えました。これは当方の独断によるものである事を申し添えます。

料理への熱意について一言!

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ