物々交換の効用(天族)

遂行地域
適正レベル
取得 25 / 遂行 40
補償
経験値 510450
+ 追加報酬 アビス ポイント 50
騙されやすい 1個 - 反復5回完了時
関連クエスト
   ---
進行順序
  • 1. テミノン 幸運の噴水でクエスト アイテムの美徳の水晶を入手

    位置例

  • 2. ガイオネと会話

    位置例

  • 3. フレイム グリフォニックスと会話

    位置例

  • 4. ワイニング モロックと会話

    位置例

  • 5. ルグベグと会話してクエスト完了

    位置例

クエスト報酬にあるタイトルは仕様の変更で反復クエスト

5回完了時に付与されます。ご注意ください。

 

1. テミノン 幸運の噴水でクエスト アイテムの美徳の水晶を入手

位置表示

これが問題のクエスト アイテムの美徳の水晶

テミノン拠点にあるテミノン 幸運の噴水を ダブル クリックして銀の功績勲章を1個使えば、低い確率だがクエスト アイテムの美徳の水晶を得ることができる。 このアイテムをダブル クリックすれば、クエストを始めることができる。


美徳の水晶は入手確率がとても低いから、運がなければ高い銀の功績勲章をドブに捨ててしまう。テミノン 幸運の噴水に関する詳しい内容は、クエスト噴水台の功績勲章クエスト(天族)で確認してみよう。

2. ガイオネと会話

位置表示

美徳の水晶を持って各地域のNPCと会って、良いアイテムと交換しなければならない。 ひとまずベルテロン地域のベルテロン要塞周辺を歩き回っているNPC、ガイオネを訪ねて行こう。 みんな知っているだろうけど、ガイオネはトーグになってこの周辺をぐるぐる歩き回っている。 だから、運がないと、かなり長い間探しまわらないといけない。 

ガイオネがいる所。 この周辺をぐるぐる歩き回る 

やっと会って話しかければ鷹の眼を得る

 

ひとまずガイオネと会って話を交わせば、美徳の水晶を鷹の眼と交換することができる。

3. フレイム グリフォニックスと会話

位置表示

次に会わなければならないNPC、フレイム グリフォニックスはエルテネン地域のクリウル岩山にいる。 フレイム グリフォニックスは昼間に話しかけることができるNPCだが、日が沈めばモンスターに変わる。 当然、クエストを進行するためにはNPC状態の時に話しかけなければならない。

 

フレイム グリフォニックスがいる所 

必ず昼間に話しかけてこそクエストを進めることができる

 
フレイム グリフォニックスと話を交わせば、鷹の眼を焼きバタタと交換してくれる。

4. ワイニング モロックと会話

位置表示

次に会わなければならないNPC、ワイニング モロックはインタルディカ地域のヒエロンポリスにいる。 ワイニング モロックは昼間1時から日が落ちる時まで(午後4~5時程度?)の短い時間だけ出現する。 だからクエストを進行するためには、時間帯をよく合わせて移動しなければならないだろう。

 

ワイニング モロックの位置。 事実、位置よりは時間帯がさらに重要 

やっと会ったところ、また何か変なのを与える

 

ワイニング モロックに話しかければ、焼きバタタをまるめた紙に変える。

 

5. ルグベグと会話してクエスト完了

位置表示

ルグベグに行く一直線最短移動ルート

まるめた紙を得たら、最後にアビス下層部の中心にあるレイボ島に行かなければならない。
 
右側写真のようにレイボ島まで一直線で行っても一般ウイングでは1分程度かかる。 だから、飛行時間を増やす下級 風の秘薬1個くらいは持っておいた方がいいだろう。
 
レイボ島に到着した後、NPCのルグベグと話せばクエスト完了。 
 
報酬として受け取ることができるルグベグの宝物は、商店に販売すれば約10万ギーナ程度で売ることができる。 だが、ひょっとして後でどうなるかわからないから、倉庫に保管しておくのも悪くはないようだ?


 

アビス深層部ではありません!

ルグベグがいる場所はアビス深層部でなくアビス下層部の中心だ。 アビス深層部は要塞があるから、他の種族が占領した状態では結界にぶつかって死亡する。 マップの地点でさっと浮かび上がった後、そのまま直線で飛行すれば無事にルグベグがいる島に行くことができる。高度を高める必要はない。

 

物々交換の効用(天族)について一言!

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ