悪夢の中へ

遂行地域
適正レベル
取得 37 / 遂行 38
補償
経験値 1496758 / 3460 ギーナ
+ 追加報酬 古い緑色の袋 1
関連クエスト
進行順序
  • 1. ブリジットと会話してクエスト取得

    位置例

  • 2. ブリジットと会話して悪夢へ入場する

    位置例

  • 3. マガのポーションを1個を入手する

    位置例

  • 4. ロブスティンの死体を調べる

    位置例

  • 5. 審判官カリガを退治する

    位置例

  • 6. ブリジットと会話してクエスト完了

    位置例

1. ブリジットと会話してクエスト取得

位置表示

   夢の中へ入って、解決しなければならないと話すブリジット。

クエスト悪夢の原因から続く、悪夢入場前提クエストもこれがラスト。今回は実際にインスタンス ダンジョンである悪夢に踏み込むことになる。

 

火花のディーヴァの野営地にいるブリジットは全てのものを解決するためには夢の中へ入らなければならないと話す。

 

※なお、悪夢はレベル37~44のキャラクターが入場対象のため、注意が必要。

2. ブリジットと会話して悪夢へ入場する

位置表示

  あのクロメデの真実が、今紐解かれる事になる。

悪夢への入場前には、十分な準備を整えよう。

また、悪夢ではキーとなるアイテムがいくつも登場するので、キューブには少なくとも1列以上の「空き」を作っておくことが望ましい。

 

準備が問題なければ、NPCブリジットに話かけて悪夢へと入場しよう。

ここから先、プレイヤーはクロメデとなって問題となっている「悪夢」の中に踏み込んでいく…。

3. マガのポーションを1個を入手する

位置表示

神官ヒエスを倒さずして先に進むことは出来ない

マガのポーションを入手したら、後半戦スタート!

 

クロメデに扮して悪夢を進行していくと、隠された封印の神殿という場所に着く。門番である神官 ヒエスを倒して鍵を入手し、解錠すればマガのポーションを入手することができる。神官 ヒエスの周辺には複数体のモンスターが配置されている。

周辺の敵をなぎ倒してから、ヒエスに挑もう。以後、マガのポーションをクリックすれば次の段階に移ることができる。

4. ロブスティンの死体を調べる

位置表示

   大迫力の脱獄シーンは一見の価値ありだ!

マガのポーションを入手すると、自動的にカリガの館 地下監獄へと場所を移す。

ロータンを行使しての派手な脱出ムービーの後は、看守を倒しつつロブスティンの元に向かうことになる。

 

キーアイテムを獲得した後、閉じられた扉を開放してロプスティンのいる牢へ。

 

ロブスティンの仇を討ったら、階段を上がり牢獄から屋敷内に戦いの場は移る。

入手したアイテムのスキルを駆使して立ち向かえ!

5. 審判官カリガを退治する

位置表示

   愛する人の仇を、カリガに存分にぶつけてやろう!

今まで同様、屋敷ではリンクに注意しながらキーアイテムを入手して、最奥にある書庫の隠し扉から、カリガの元へ向かおう。

 

沈黙の審判官、サイレンス ジャッジ カリガは、ダンジョンの最深部で待ち受けている。回復にさえ気を付けていれば、簡単に倒せることのできる相手なので、気楽に戦おう!

 

6. ブリジットと会話してクエスト完了

位置表示

 この後、クロメデが何故変わったのか…今はまだわからない

カリガを倒したあとは、事件の真相に迫るムービーが流れる。

 

結局のところ、世間から「コラプト ジャッジ」の烙印を押されたクロメデだが、ロブスティンの為にあそこまで尽くした彼女が何故「炎の神殿を支配する悪霊」となったのかは、わからない。

 

余談だが、このムービーはこのクエスト独自のものであり、2回目以降の入場からは見ることが出来ないので、しっかり見ておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     これからは彼女を通じていつでも悪夢に入れる

悪夢からの脱出後、火花のディーヴァの野営地のブリジット(すぐ前にいるが)に話せばクエスト完了となる。

これ以降は、ブリジットを通じて、自由に悪夢に入場できるようになる。

 

次回以降は、必要に応じて周辺のNPCから受けられるクエストも忘れずに受けるようにしたい。

悪夢の中へについて一言!

番号 タイトル 作成者 作成日 照会数
1905 悪夢の中へ 今更言わずもがなですが 都築明日那 10.11.08 2776

作成

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ