天族捕虜の救出

遂行地域
適正レベル
取得 25 / 遂行 27
補償
経験値 270150
+ 追加報酬 アビス ポイント 1000
関連クエスト
   ---
進行順序
  • 1. サクミスと会話してクエスト取得

    位置例

  • 2. ネレウスと会話

    位置例

  • 3. ダークティルと会話

    位置例

  • 4. 捕われた天族捕虜と会話して会話

    位置例

  • 5. 魔法陣へ移動

    位置例

  • 6. ネレウスと会話してクエスト完了

    位置例

1. サクミスと会話してクエスト取得

位置表示

     

サクミスはテミオン拠点のテミノン要塞にいる。

捕われた天族捕虜に関する話をするサクミス。

 

アビス下層部テミノン拠点のテミノン要塞にいるサクミスから受けられるミッション。
どうやらアビス戦闘中に捕虜になった天族がいるという。サクミスいわく、この件の詳細は訓練所にいるネレウスから聞いてほしいとのこと。
このミッションは最終的にテミノン要塞へ戻る必要がある。テミノン要塞2階にあるキベリスクをクリックして登録する事を勧めたい。

 

このミッションはサルファ ツリー要塞が天族占領時には挑戦できない。

2. ネレウスと会話

位置表示

     

ネレウスはテミノン訓練所にいる。

頭上に黄色いミッションアイコンをつけているネレウス。

 

テミノン要塞の右側にある浮遊島がテミノン訓練所なので、飛行してネレウスに会いに行こう。
ネレウスによると、救助隊を派遣しているが捕虜が閉じ込められている島要塞は警備がものものしく、成功した事がないと話す。 そこでプレイヤーが救助に乗り出すと言うと、実力あるディーヴァが加わったと喜ぶネレウス。
サルファ ツリー列島にいるダークティルに会ったら何か糸口が見つかるようなので、空間移動士のテルスに会ってみよう。

 

     

ダークティルに会う事を勧めるネレウス。

テルスにギーナを支払って西ラテスランの尾根へ移動だ。

3. ダークティルと会話

位置表示

     

かなり遠く離れた場所にいるダークティル。

飛行輪を利用して移動しよう。

 

      

     捕われた天族に関する情報を提供するダークティル。

西ラテスランの尾根へ移動した後、飛行を使ってダークティルを訪ねて行こう。
 
サルファ ツリー列島にいるダークティルに会えば捕われた天族捕虜がサルファ ツリー要塞の近くにいる事がわかる。
 
ちなみに、ダークティルは、魔族プレイヤーの攻撃を受けて死亡する場合もあるので覚えておこう。 再出現までは現実の時間で約3~4分かかる。

 

 

4. 捕われた天族捕虜と会話して会話

位置表示

     

捕われた天族捕虜はここにいる。 周辺には障害物がたくさんある。

天族捕虜が監禁されている監獄だ。

 

捕われた天族はサルファ ツリー要塞が魔族あるいは龍族の占領時にだけ出現する(龍族の場合はランダムで決定)。

無事に監獄の近くに到着しても他種族の警備兵が多いので、注意を怠らないことが大切だ。

 

     

監獄の出入口を守る警備兵たち。

出入口にいる2人の警備兵は必ず狩って、今後の退路を確保しよう。

 

封魂石や高級な回復アイテムなどを総動員して、監獄の出入口を守る警備兵を狩ろう。

そして捕われていた天族と会話すると、ここから本格的な護衛クエストが始まる。

 

     

捕虜となっている天族たち。

武器などは押収されているらしい。

5. 魔法陣へ移動

位置表示

魔法陣の位置。 ここまで連れて来なければならない。

 

天族捕虜たちと共に監獄右側の丘にある魔法陣まで移動するのが今回のクエストの目的。
 
監獄の出入口にいる警備兵たちは、入ってくる時に退治したので問題にならないが、周辺を守っている警備兵の数がまだ相当残っているので、移動時には距離を置いて安全を確保しよう。
 
天族捕虜たちと無事に魔法陣に着くと、テミノン要塞から派遣された救助隊が捕虜たちを連れていく。

 

 

 

     

護衛クエストが始まると、天族捕虜がついてくる。

ようやく魔法陣に到着だ。

6. ネレウスと会話してクエスト完了

位置表示

     

ネレウスに会えばミッション完了。

捕虜救出作戦の結果が気になるネレウス。

 

リターン スキルを利用して、テミノン拠点に移動した後、テミノン訓練所にいるネレウスに会えばミッション完了。

天族捕虜の救出について一言!

The Tower of AION® is a trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2009 NCSOFT Corporation.
NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION in Japan. All rights reserved.タワー オブ アイオン公式サイトへ