エピソード4 歴史と記憶 エピソード4 歴史と記憶 編集

ストーリーライン

ストーリーライン 編集

ラスタバド帝国に逃げる数多くのラスタバドのダークエルフたちを追いかけながら、連合大軍は地下大空洞が非常に大きい空洞であり、ラスタバド帝国もその大空洞の中の一部の地域だということに驚きを隠せない。

 

過去に、神に挑戦し神を憤らせたジャイアントたちは消滅の時代を向かえ、彼らの遺産とともに地中に葬られる。この時に、昔からジャイアントたちが所有していたパワーの源を狙っていた魔族は、ジャイアントの魂を彼らの墓に閉じ込めた。

 

その後、ジャイアントを研究していた「シャイモン」というアデンの歴史学者によってエンシェントジャイアントの墓と遺産が発掘され、「シャイモン」はエンシェントジャイアントの墓を再び建築するようになった。これをきっかけに過去のエンシェントジャイアントの墓をめぐる疑問が一つずつ解かれ始めた。


このためにジャイアントたちの魂を閉じ込めた魔族は、その事実を隠蔽するために「シャイモン」に近づいて彼を魔族の奴隷にしてしまう。この一つの事件は、「シャイモン」の古い友人である「カルシオ」を大いに怒らせ、結局「カルシオ」が率いるドワーフ族と魔族との衝突にまで拡大するようになる。しかし、不幸にもこの戦争で「カルシオ」は、彼の率いるドワーフ族は魔族に破られ、命まで落とした。カルシオの部下だったゴーレムガーディアンまで魔族「堕落」のダークウィザードによって操られることになった。

 

このことによって、魔族「火炎の影」はエンシェントジャイアントの墓を封印するように、彼の手下である「堕落」に命じた。これに「堕落」は、エンシェントジャイアントたちの墓に中に魔族の神殿を建て、外部からの出入りを封鎖するようになる。

 

その後、エンシェントジャイアントの墓場は、魔族たちが彼らの最終的な目的ともいえる「アインハザードの祝福の下にいる存在」に復讐をするため、ダークエルフに近づくための秘密の接見場所として利用される。

 

魔族と接触していたダークエルフたちの中では、魔族の計略に騙されて契約を交わす者もいた。それがダンテスの4大冥皇の一人である「ヘルバイン」である。「ヘルバイン」は契約の代価として強力な魔族の力を受け継ぎ、地上の存在に対するダークエルフの怒りを刺激する役割を果たすことになる。

 

その後、「シャイモン」の破れた著書の一部がアデンのある歴史学者によって発見された。これによって魔族がダークエルフと関連している可能性に対する仮説が歴史学者の間に広まった。

その事実はアデン国王の耳まで届き、国王は調査団を派遣することになった。

 

地下大空洞は多くに地域とつながっており迷路にようになっているから、道を知らなければ狩り場まで行くのにかなり苦労するだろう。地下大空洞には古代巨人の墓があり、その巨人の墓場を通って魔族神殿まで行ける。魔族神殿には堕落というボスモンスターがいる。ここでバルログと堕落は、互いを敵対視して常にやりあっている。

 

また、エピソード4「歴史と記憶」では海賊島という新しい島が誕生した。海賊島はかなりの広さであり、島全体が海賊に関する物語に包まれ、それに関するクエストもいくつかある。海賊島のダンジョンには海賊たちの怨魂がモンスターとして登場する。海賊王ドレイクは、自分の隠した宝物を守るために近づいてくる冒険者たちを攻撃する。

 

その他にも、精霊の墓、地底湖などが登場し、数多くのモンスターや狩り場が増えたことによって、ユーザーの楽しみも増えることだろう。

 

エピソード4 主要アップデート

エピソード4 主要アップデート 編集

エピソード4 地下大空洞

エピソード4 地下大空洞 編集

いたるところに魔方陣と秘密通路がある巨大な地下大空洞は、ディアド要塞の裏側にある。北西にレジスタンスの村、南西に隠れ里、エンシェント巨人の墓(南東のエンシェント巨人の墓、北東のエンシェント巨人の墓を含む)からなっている。

 

エピソード4 魔族の神殿

エピソード4 魔族の神殿 編集

魔族の神殿は、魔族堕落が自分の主人である火炎の影を信奉するために作った神殿である。一部のラスタバド勢力と契約を結んでいる「強力な存在」のすみかなので、到底一人では行けない所である。

 

エピソード4 精霊の墓

エピソード4 精霊の墓 編集

地底湖を基準として西側には地下大空洞、東側には精霊の墓がある。精霊の墓は独特な生態系として4大属性(火、水、風、地)の精霊が出没する狩り場である。精霊の墓の北側にある「精霊のオーブ」と通じて「海賊島」と「地底湖」まで移動することが出来る。地底湖を基準として西側には地下大空洞、東側には精霊の墓がある。精霊の墓は独特な生態系として4大属性(火、水、風、地)の精霊が出没する狩り場である。

 

エピソード4 地底湖

エピソード4 地底湖 編集

地底湖は水中テーマを持ったモンスターで構成され基本的にアデナ ドロップが他の地域に比べて高い。
もしかしたらアデン ワールドのすべてのダンジョンの中でアデナが一番多くドロップするダンジョンかもしれない。
経験値獲得量も非常に多く、ユーザーたちの間で一番人気あるダンジョンとされている。

 

エピソード4 ケント城ダンジョン

エピソード4 ケント城ダンジョン 編集

ケント城ダンジョンは、内城の中にある「オベール」を通じて行ける4階構造のダンジョンである。ケント城ダンジョンでリスタートする場合、ケント城村に行き、なお、ケント城ダンジョンの中では復活が不可能なために注意しなければならない。ケント城ダンジョンにいるモンスターは「古い皮袋」、「古い絹袋」、「遺物の袋」をドロップする。袋の中からは「ケントの遺物」、「きつね色のパン」、「黒こげのパン」、「ワイン」、「ウイスキー」が出てくる。「きつね色のパン」と「黒こげのパン」は体力回復効果を、「ワイン」と「ウイスキー」にはヘイスト効果を持っている。通常のアイテムに比べて軽いのが特徴であるケントの遺物はオベールの隣にいる「ニキ」がアデナに交換してくれる。他の用途には使われない。