エピソード5 ラスタバド~混沌の塔~ エピソード5 ラスタバド~混沌の塔~ 編集

参考:エピソード5 ラスタバド~混沌の塔~ 特設サイト

 

リネージュが総力を挙げてリリースした本エピソードは、ラスタバドという新しい地域での新しい戦闘で大いにプレイヤーたちの興味を惹くだろう。決められた時間内に4大軍王を倒した者だけが英雄になれる「タイムアタック」システムが追加され、従来の狩りのパターンとは違うプレーが要求されるようになった。また、パーティープレーに対しても万全を期さないと狩りができないほど、従来の狩り場とは何から何まで一変した。

ラスタバドとの長き戦争。そのクライマックスに該当するエピソード5では、プレーヤーと血盟の間や血盟のメンバー同士の協力を要する要素が大幅に追加された。他にも影の神殿に関連した友好度システムが新たなコンテンツとして追加された。アンデッドと魔族間の関係をうまく利用し、自らの利益になる方法を探らなければならない。これからは、単純な狩りだけではなく、ユーザーが長期的な視野を持ち、どのように活動するかによって、ゲームは様々な反応を見せてくれるだろう。

ストーリーライン

ストーリーライン 編集
  • ラスタバド(Lastavard)
    勇猛なアデンの勇者たちのたえない攻勢によって、ディアド要塞はだんだんその力を失い、防御線としての意味をなくしつつあった。これによって、地上のあらゆる城を侵攻してきたダークエルフの勢力は、ディアド要塞とラスタバドを守るために撤退しはじめる。

    ディアド要塞の危機に直面したダンテスは、長老会議を招集し今後の対策を練ることになった。長い会議の末、複雑な大空洞のルートを最大限に活かしてアデンの兵力をかく乱させ、ダークエルフと彼らが支配するすべての種族にラスタバドに終結するように命じる。この時に、ヘルバインはディアド要塞を陥落されたバランカとライアを非難し、自ら地上軍を塞いで見せると大口を叩きながら大空洞に向かった。ヘルバインの突発的な行動にダンテスは、スレイヴを彼につけてヘルバインを警戒する。

    結局、ダンテスは勝利のために長老会の反対を押し切って、「名前を口にすることすら大きな罪とされる闇の存在」を召喚することになる。召喚儀式を行う間には誰からも邪魔をされてはいけないといい、ラスタバド最上階で自ら結界を張って儀式を始める。このことを聞いたヘルバインは、ラスタバドに戻って第1軍団冥法軍王の権威を押し付けて、戦闘の総指揮をとることまでに至った。
  • 影の神殿(Temple Of Shadow)
    過去、魔族の支配者である血の召喚師カヘルヤヒは、死んだり魔律を破ったりして処刑された魔物をアンデッドの形で復活させた。しかし、アンデッドとして蘇った魔族たちは、強い魔力と体力によって、普通のアンデッドより威嚇的な存在となった。アンデッドの故に持つべきものと、持たざるものの境界が崩れ、聖なる属性に対する耐性を持ち、意志を持たない存在となった。 

    カヘルヤヒは、このようなアンデッドの中でも極限まで極めた魔法と体力を持つアンデッドに、それぞれヤヒ、混沌、堕落、死という魔界の精神を与えた。アンデッド魔物の生成と封印された魔族の覚醒のために力を使い切ったカヘルヤヒの隙を狙って、魔律の精神を受け継いだものがすべて「カヘルの操り人形」(影の神殿の魔族と魔族神殿の堕落およびそのプリースト)だということに不満を持っていたバルログは、カヘルヤヒに背き「純潔なる血痕」(バルログやその手下たち)の勢力を位相を高めようとしたが、力が弱くなったにも関わらす、カヘルヤヒの一喝で「純潔なる血痕」の勢力は力を出せなくなった。カヘルヤヒは自分が健在していることに驚いているバルログの角を折り反乱を収める。

    以降、カヘルヤヒは力が尽き、深い睡眠状態に陥る。彼の意志を受け継いだヤヒは「混沌、堕落、死」を支配しながら、身分の主に敵愾心を持っているバルログや「純潔なる血痕」の勢力との抗争状態に至る。

 

エピソード5 主要アップデート

エピソード5 主要アップデート 編集

エピソード5 ラスタバド

エピソード5 ラスタバド 編集

ラスタバド勢力の本拠地であるラスタバド城は地上の世界とは遮断された深い地下に位置している。ラスタバド地域は地下大空洞とつながっており、歩いて行くには無理があるので、「レジスタンスの村テレポートスクロール」を使って移動しなければならない。

 

エピソード5 影の神殿

エピソード5 影の神殿 編集

影の神殿は、「カヘルの操り人形」陣営のモンスターが出現し、彼らと対立する「純潔なる血痕」陣営のモンスターは「欲望の洞窟」に出現する。

2つの魔族陣営では各々主軸となる代表モンスターが設定されており、カヘルの操り人形陣営の主軸は「ヤヒ」、純潔なる血痕の主軸は「バルログ」である。ユーザーは彼らのことを、カヘルの操り人形陣営は「ヤヒ派」、純潔なる血痕陣営は「バルログ派」と呼ぶようになった。

 

エピソード5 海賊島後半部

エピソード5 海賊島後半部 編集

海賊島後半部はエピソード5のアップデートによって新たに公開された地域である。海賊島後半部は海賊王ドレイクと彼の宝物をめぐるホセとの暗闘を背景とするクエストができる。また、リザードマン長老から一族の宝物を取り戻してほしいというクエストを進めることができる場所である。また、船舶の墓までテレポートが可能な場所でもある。

編集にご協力いただいた方