エピソード2 天と地 エピソード2 天と地 編集

ラスタバド勢力が最初に攻め込んだグルーディンをリニューアルして廃墟となった村を表現し、アデン全域にラスタバド軍のモンスターを出現させることによって、大々的な地上と地下の戦争を演出した。

 

さらに、地下3階からなるラスタバドへの地下侵攻路が新規地域として追加アップデートされた。この侵攻路の3階の最奥には、次エピソードであるエピソード3 生と死の主要な舞台となる「ディアド要塞」に通じる巨大な結界を配置することによって、次のエピソードに対する暗示と伏線を張りユーザーの注目を集めた。

ストーリーライン

ストーリーライン 編集

長い歳月が過ぎ、ダークエルフの人間に対する深い憎悪に自分たちの仕える神、「グランカイン」の意志が加わり、地上全体に対する憤りに変わった。いつかはある地上との戦争準備を着々と進めてきた。ラスタバドの政治体制は、「第1祭祀位(大神官)」の信託によって統治された。大神官の権限はグランカインの信託によって委任された。そして、8人からなる長老会と通じて実質的な統治に権限を行使した。

 

第1祭祀位(大神官)まで上り詰めた「シング・グレイブ・ダンテス」は自ら「冥皇」と称し、絶対王権を築き上げた。そして、ラスタバドの憤りををすべて地上の向けさせ、ダークエルフの目標を確実に決めた。共同の目標を定めてからは、事も順調に進んだ。軍事組織を再編し、さらには異界に住んでいる「魔族」の力まで借りた彼らは、地上に対する復讐の刃を研ぎ澄ませていた。

 

そして、地上のいたるところにスパイを送って情報を収集し、地上侵略の足場となるダンジョンや要塞まで建設するようになった。

これに対して、地上では戦争に負けたケンラウヘルがラスタバド勢力のダンテスと手を組む。これによりダンテスのダークエルフによる地上侵攻に対する決意に拍車がかかることになる。

主要アップデート

主要アップデート 編集

地下侵攻路

地下侵攻路 編集

地下のダークエルフ勢力であるラスタバドは、この侵攻路を通ってケント城のグルーディオ領地とグルーディンに侵攻した。
この攻撃によってグルーディン村は廃墟となってしまう。

 

ラスタバドの攻勢が強まるに従って、グルーディン周辺ではラスタバドが一定時間ごとに出現することになってしまう。この戦争によって何人かの商人はグルーディンを離れた。そして、アデンのほとんどの村と城には傭兵たちが駐屯する物々しい雰囲気とになってしまう。ラスタバド勢力はケント城を拠点に、人間たちの城であるウィンダウッド城、ギラン城、ハイネ城、アデン城へ次々と侵攻していく。

 

編集にご協力いただいた方