エピソード5 新規地域 エピソード5 新規地域 編集

ラスタバド

 

地下大空洞とつながっているラスタバドは、複数の部屋が迷路のようにつながっている複雑で巨大な地域である。ラスタバドは地下1階、地上3階の構造でできており、今回のエピソードで公開されるのはその一部である。以降のエピソードで残りの地域が公開される予定である。

各部屋には他の部屋に移動できる扉がある。各部屋にはキーパーの役割を果たすモンスターがいて、そのモンスターを倒さなければ扉は開かない。たまには、ボス級モンスターがキーパーとして現れる場合もある。

 

扉が開いて次の部屋に移動すると、扉が閉ざされるまで滞在できる。もし、この滞在時間が過ぎて扉が閉ざされるまで他の地域に移動しなければ、プレイヤーは各マップの指定の場所までテレポートされてしまい、冒険をやり直さなければならない。ちなみに、滞在時間は部屋によってそれぞれ違う。

 

影の神殿 

 

影の神殿は、象牙の塔の村の北東側にある「空間の歪み」と通っていける。そこには混沌と死、ヤヒが存在する地域である。影の神殿には入口はあるが出口がないので、そこから出るためにはテレポートをするかリスタートをするしかない。

地上3階構造になっている影の神殿には各階をつなぐ移動通路がない。クエストをクリアして獲得したキーを各階の魔法陣で使うか、一定以上の友好度を獲得した後、クエストNPCを通じて次の階まで移動することができる。

 

 

海賊島後半部  

 

エピソード4で登場した海賊ドレイクに関するストーリが存在する海賊島。その後半部が登場し、隠されたドレイクの話しを探っていく新しい冒険ができるようになった。伝説の海賊ドレイク、そしてカミーラ、フランコ、ディエゴ、ホセの関係と悲しい恋の物語をクエストの形で体験することができる。海賊島後半部は海賊島前半部と2つの移動経路でつながっている未知の地域である。海賊島後半部で帰還すると、前半部から存在する海賊島の村に到着する。