エピソード6 ラスタバド上層部の攻略法 エピソード6 ラスタバド上層部の攻略法 編集

ラスタバド4階の難易度は、アデンワールドのすべてのダンジョンの中でももっとも高いと言われている。攻撃手とサポーターウィザードの組合せでのシングルプレーは絶対に不可能であり、最低でも8~10人からなるパーティー狩りをしなければならない。

 

40レベル後半から50レベル前半の一般モンスターが出現し、各関門で登場するボスモンスター(8人の長老)は、60レベル代のモンスターである。ここでは55レベル以上の+9武器に+7防具セットを装着したダークエルフやナイトクラスのユーザーをメインに、3~4人のウィザードクラス、1~2人のエルフクラスのパーティー狩りではないと難しいところである。

 

 

ラスタバド4階のスタート地点は、3階の冥法軍王の執務室でヘルバインを倒すと、北西(11時方向)に現れる入口である。その入口を通ると、3階にある闇の結界に出られる。3階闇の結界は休息階であり、セーフゾーンとなっている。そこでは、エストを遂行できる長老随行員クロレンスに会える。

 

長老随行員クロレンスは、新規クエストのために登場したNPCであり、このクエストはラスタバド上層部地域とレジスタンスの村のNPCまで連携されている。ラスタバド4階には、ラスタバド長老会議の8人の長老たちや、副祭祀長カサンドラ、真冥王ダンテスがいる。

 

3階闇の結界から入口に進むと、4階のグランカイン神殿に到着する。グランカイン神殿では、アップデートされたラスタバド近衛兵が出現する。HPがすべてなくなるとカーズドダークエルフファイターに変身して攻撃してくる。

 

グランカイン神殿から北東(1時方向)に道に沿っていくと、4階のケイナ執務室に到着する。4階のケイナ執務室では、長老随行員とダークウィザードが出現する。

 

 

ここで注意すべき点は、各部屋までの連結通路はボスモンスターを倒さないと開かない。ボスモンスターを倒すまでの制限時間があるタイムアタックが適用される。制限時間が過ぎてしまうと、3階闇の結界にテレポートさせられるので気をつけよう。ラスタバド上層部では一般モンスターを倒してから、ボスモンスターを倒した方が簡単に次の関門まで移動できる。

 

ここで出現するモンスターの大半は一定のダメージを受けると、カーズドダークエルフファイター、ウィザード、ナイトに変身して攻撃する。さらに、キャラクターにショックスタン攻撃を仕掛けてくる。これは、パーティー狩りをする時にも危険要素である。ショックスタンの制限時間は表示されないので、正確な時間はわからないが平均的に3~4秒間続く。

 

ボスモンスターの大法官ケイナが登場すると、攻撃手の1人が先に攻撃して、一般モンスターを全部倒すまで誘引しながら回らなければならない。一般モンスターを全部倒してから、パーティーメンバー全員で大法官ケイナを攻略していく方法をお勧めする。大法官ケイナはジェネラルマント、ラスタバドの補給箱、デスナイトの書などのアイテムをドラップする。

 

 

大法官ケイナを倒すと「グランカイン様!彼らに果て無き恐怖の安息を与えてくださいませ!」というコメントとともに、「3分後にテレポートされます。」というシステムメッセージが表示される。タイムアタックが適用される前に、迅速にここから離れることにしよう。

 

ケイナが登場した場所から北西の方向に行くと、4階ビアタス執務室にたどり着ける。ラスタバド4階には、部屋に入ってからモンスターが現れる所と、入る前からモンスターが現れている所の2つのパターンがある。次の関門であるビアタス執務室は、部屋に入ってから一定の時間内にモンスターが現れるのでMP回復に関してはさほど心配しなくてもいい。

4階ビアタス執務室に入ったら、入口の辺で待機しよう。ここでは大量のモンスターが一気に出現するので、危ないからである。おおむね5分が経過したら、ブラッディナイトやダークエルフ長老、ファントムナイト、大法官ビアタスが出現する。

 

 

ビアタスもケイナと倒したときと同様、1人の攻撃手が先攻をして一般モンスターを全部倒すまで誘引してから、ボスモンスターを攻略した方がいいでしょう。ここで出現するモンスターたちは大量のHPを持っているので、パーティーメンバーが1匹ずつ集中攻撃をして倒していくことをお勧めする。ビアタスを倒してから、北への道に沿って移動すると、大法官バロメスの執務室にたどり着ける。

バロメス執務室の入口までの移動経路にはアロートラップが設置されている。両側の壁から矢の攻撃が始まる。ダメージは+6クロスボウほどでさほど強くはないが、迅速に通り抜けよう。通路を通って南側(6時方向)には大法官バロメスとモンスターたちが待ち構えている。そこには主にダークウィザード、長老随行員などがいる。バロメスもまた前の執務室での長老を攻略法方のように倒していこう。

 

 

大法官バロメスと戦っている間に、先に死んだ8人の長老がバロメスの魂を通して攻撃してくるモーションが見られる。ゲーム上の攻略も大事だが、8人の長老会の背景ストーリを知っていれば、より興味津々なプレーができるだろう。大法官バロメスを倒してから南東に移動した後、次の関門であるエンディアス執務室に移動できる入口を見つけることができる。

 

エンディアス執務室までの道のりも長い通路のようになっており、アロートラップが仕掛けられている。道に沿って南東に移動すると、長老随行員や、ダークウィザード、ファントムナイトなどのモンスターが出現する。1人がエンディアスを誘引し、一般モンスターを全部倒してからエンディアスを攻略する順に処理する。

 

 

エンディアスを倒してから、北東にある次の部屋の入口まで素早く移動する。次の部屋は庭園の広場である。4階庭園の広場の入口で道に沿って移動し、途中で現れるモンスターを迅速に倒しながら移動しなければならない。特に、庭園の広場には8人の長老が登場しないので、今までの部屋よりは難易度が少し低い方である。庭園の広場の中央にある造形物を基準に、南西に向かって移動した後道に沿って北に進めば、大法官イデア執務室にたどり着ける。

 

イデア執務室には、地の精霊ガーディアン、ダークウィザード、風の精霊ガーディアン、長老随行員などが出現する。長老随行員は先にも説明したように、一定のHPが減ったらカーズドダークエルフ類に変身してショックスタンを駆使してくるので、注意しなければならない。

 

風の精霊ガーディアンや地の精霊ガーディアンはカーズドダークエルフに変身しないでそのまま死ぬ。モンスターを倒して前に進むと、大法官イデアが登場する。大法官イデアの執務室では、広い空間を利用して一定の数で現れるモンスターたちを倒しながら移動できるようになっているので、大法官イデアが登場しても一般モンスターを気にせずに攻撃できる。大法官イデア倒してから、西に移動すると、次の関門に移動できる入口がある。

 

その入口から行ける所が、次の関門であるティアメス執務室である。実務室に入ったら、両側の壁から矢の攻撃が始まる。ティアメス執務室はバイタス執務室のように、モンスターが現れるまで待たなければならない。また、ダンテスの部屋まで行く前に、もっとも威力的な攻撃をするバーロード執務室が残っているので、ここからはパーティーメンバー全員のMP管理をしなければならない。

 

ティアメスが登場すると、今までの長老の部屋でやっていた方法で倒そう。ティアメスを倒してから、西(9時方向)に移動すると、ラミアス執務室まで行ける入口を見つけることができる。

 

 

入口に入ってから南に移動すると、大法官ラミアスが長老随行員、ブラッディナイトなどと一緒に登場する。大法官ラミアスも、今までのやり方で攻略することにしよう。各長老たちの攻撃力は同じレベルであり、ラミアスもまた同様である。しかし、ラミアスは死ぬ前にヘルバウンドとブラックタイガーを召喚する。召喚されたモンスターを迅速に倒したあと、北西にある次の関門まで移動する。

 

 

次は大法官バロードの執務室である。大法官バロードは、ラスタバド4階の長老の中で攻撃力がもっとも強い。HPも大量な上に、クリティカル攻撃がかなり脅威的なモンスターである。大法官バロードは長老随行員と一緒に登場し、攻撃手にショックスタンをかけてくるので気をつけなければならない。今までは一般モンスターを倒してからボスモンスターを倒すやり方だったが、バロードの攻撃力があまりにも強いので、一般モンスターは1ヶ所に集めておいて、バロードを最優先に倒そう。

 

 

大法官バロードを倒したら残りのモンスターを迅速に倒してから、南西に向かって移動する。入口を通って次の関門に行くと、4階長老会議場にたどり着ける。長老会議場で出現するモンスターは少ないか、たまには1匹も出現しないときもある。会議場の中央にある造形物を基準に北東(2時方向)に移動すると、副祭祀長カサンドラの執務室まで続いている通路を見つけることができる。

北の方に向かって進み続けると、副祭祀長カサンドラや、ブラッドナイト、長老随行員、血の降霊術師などが出現する。カサンドラは8人の長老とほぼ同じ強さであり、その攻撃力はバロードほどではない。カサンドラを倒してから、東に進むと、ダンテスの執務室に行ける入口がある。

 

 

ダンテスの執務室に移動して道に沿って進み続ければ、副官マールベスを見つけることができる。マールベスとの会話からダークエルフ聖地に行ける方法や召喚球を復元する方法など、ラスタバド上層部に連携しているクエストの内容を確認することができる。そして、その後ろでは真冥王ダンテスが待ち構えている。

 

 

ダンテスをクリックすると何の話もぜず、何の変化も起きない。ここではダークエルフ聖地に移動できる入口も見当たらない。ここまで数々の難関を潜り抜けてきたユーザーたちは、異界の支配者ギルタスを倒すためにダークエルフ聖地を目指している。果たしてダークエルフ聖地までは無事にたどり着けるだろうか。その答えは、「ダークエルフ聖地」への行き方の編で…