エピソード6 ダークエルフ聖地への行き方 エピソード6 ダークエルフ聖地への行き方 編集

ダークエルフ聖地は、ラスタバド上層部の「ダンテス」を経由する必要がある。まず、ラスタバドの下層部(ラスタバド 1、2、3階)を全て通り抜けよう。ラスタバドの下層部を通る方法は、 [ラスタバド] ガイドを参考すれば良い。

 

 

ラスタバド3階の最後の部屋から出ると、3階闇の結界になる。NPCクロレンスの左側に上層部の入口がある。ラスタバドの上層部から帰還するか、制限時間を超えて強制にテレポートされたら、この結界に来ることになる。

 

  

4階のスタート地点は、グランカイン神殿になる。この神殿と3階闇の結界は、お互いに繋がれており自由に移動することができる。ラスタバドの下層部のように、4階の各部屋も制限時間内に出現するボスモンスターを倒すことで次の部屋へ進むことができる。ケイナを倒して5分内に移動しよう。 

 

 

 

ケイナの執務室を過ぎると、2番目の部屋へ移動される。ここからは、戻ろうとしても入って来た入口を再び利用することはできないので、気を付けよう。3人の長老を倒してから庭園の広場へ移動しよう。

 

 

庭園の広場では、ブラックエントやディープフラワー、種々の精霊の息吹が出現する。5番目の長老である大法官イデアを倒して次の部屋へ進入しよう。

 

 

4番目の部屋は、長老会の最後の部屋となるだけに、難易度がもっとも高い。3人の長老を皆倒してから次の部屋へ移動しよう。

 

 

ラスタバド4階の最後の部屋となるダンテスの執務室まで移動しよう。この時、ダンテスの執務室に入ってから5分が経つと、闇の結界へ強制テレポートされるということを必ず憶えておこう。

 

 

ダンテスと話し合うためには、デスナイトの書が必要となる。デスナイトの書を持ってダンテスに声をかけたら、デスナイトの書は消え、ダークエルフ聖地へ移動される。デスナイトの書は、8人の長老がドロップする。

 

 

ダークエルフ聖地に到着したら、ラスタバド城に戻ることはできない。聖地で帰還スクロールを使えば、ラスタバド正門の村に移動される。