強化 強化 編集

キャラクターの武器と防具に強化スクロールを使用し強化させてより一層強くなるようにするシステム。強化をするほどアイテムの名前の前に+数字がつくことになり、この値が高いほど強化を通して能力が強くなった良いアイテムであることを意味する。

だが一定水準以上強化値が上がれば強化の際失敗する確率が生じ(オーバーエンチャント)、もし失敗すれば強化を試みたアイテムは蒸発する。このようにして蒸発したアイテムは復元する事ができない。

方式

方式 編集

強化をする方法は現在2種類ある。

  • スクロールを利用した強化
    武器と防具に武器強化スクロール、防具強化スクロールを使う。 この効果は永久的に持続する。
  • 魔法を利用した一時的な強化方式
    武器と防具に特定魔法をかける。 これは一定時間のみ効果が維持され、一部魔法はリスタート時に効果が消える。 一方村には一定額のアデナを受け取り一定時間武器を強化させる魔法をかけてくれる強化術士もいる。

 

スクロール

スクロール 編集

強化に使うスクロールは武器強化スクロールと防具強化スクロールに分類される。武器強化スクロールは武器を強化させるために使われ、防具強化スクロールは防具を強化させるために使う。 強化スクロールには呪われた~系と祝福された~系があるが、狩りを通して得られるのは一般強化スクロールである。そのため、強化スクロールを得た場合は確認スクロールを使い、呪いなのか祝福なのかを判別する事が重要である。

呪われた~スクロールは赤い色の巻き物で(名前はそのまま強化スクロール)、祝福された~スクロールは枠に銀色の線がついている。 

また、スクロールによる強化には装飾品の強化と属性強化もある。詳しくは以下のページを参考にして欲しい。

装飾品強化

属性強化

 

材質による差

材質による差 編集

強化をする武器あるいは防具の材質により強化の成功-失敗の確率が変化する。

  • 武器系列
    骨材質とブラック ミスリル材質を除いたすべての武器は+6まで安全に(蒸発の確率0%)強化できる。だが+7以上である場合、強化すると蒸発する可能性がある。 呪われた武器強化スクロールを利用した-エンチャント値-6まで安全に(蒸発する確率0%)強化できる。だが-7以上は強化すると蒸発する可能性がある。
    一方で骨材質とブラック ミスリル材質の武器は+1から蒸発する可能性があり、古代シリーズの武器はエンシェント ボウガンを除いて強化が不可能である。
  • 防具系列
    骨材質とブラック ミスリル材質を除いたすべての防具は+4まで安全に(蒸発の確率0%)強化することができる。 だが+5以上の場合、強化すれば蒸発する可能性がある。 呪われた防具強化スクロールを利用した-エンチャント値-6まで安全に強化できる。 だが-6以上で強化する場合、蒸発する可能性がある。
    一方エルフ防具と一部アイテムは+6まで安全に(蒸発の確率0%)強化できる。 +7以上強化する場合蒸発する可能性がある。骨材質とブラック ミスリルの材質の防具は+1から蒸発する可能性があり、古代シリーズの場合強化が不可能である。