血盟 血盟 編集

君主を中心にして同じ目的、同じ志を持っているプレイヤー キャラクターが集まった集団。各血盟の目的はさまざまで、城の奪還や竜のハンティングなどがある。プレイヤーは必ず血盟に加入する必要はないが、血盟に加して他のプレイヤーと共にプレイすると、互いに助け合うができる。

 

2012/02/14

血盟システムリニューアルに伴いこのページの情報とは違う点がいくつかあります。現在編集中。

血盟創設

血盟創設 編集

君主はレベル5になると、血盟を創設することができる。これを担当するNPCは村の血盟執行員で、彼に話しかけ「血盟を創設する」をクリックすれば良い。


血盟を創設してから血盟員を集めなければならない。
まだ血盟に入っていない人々に自分の血盟の名前と、どのような目的を持って何を目標にして活動するのかなどを伝え、血盟加入を勧誘したり宣伝したりして血盟員を募集すると良い。村にある掲示板を使って血盟加入を勧誘する方法もある。

血盟員になりたいプレイヤー キャラクターは血盟を創設した君主をみて
「/join(/加入)」とコマンドを打つと君主の承諾可否によって血盟に加入することができる。


君主が受け入れ可能な血盟員数の計算法

君主レベル

連合なし

連合あり

レベル50未満

Cha(魅力) × 2

Cha × 6

レベル50以上

Cha(魅力) × 3

Cha × 9

血盟マーク

血盟マーク 編集

血盟に所属している証で、キャラクターの名前の前に表示されるマーク。血盟マークは血盟を創設した君主だけが設定でき、血盟マークを設定すればその血盟に所属している血盟員全員の名前の前に血盟マークが表示される。

 

血盟マーク登録方法

エンブレムの作成

拡張子「.bmp」で、 横16 x縦12ピクセルの、24ビットカラーで作成する事。

エンブレムの保存

ゲームをインストールしたフォルダに保存してください。
※通常は、CドライブのProgram Files内の「Lineage」です。

エンブレムの確認

血盟主でゲームにログインして「/checkbmp 名前.bmp」を実行してください。

エンブレムの使用

血盟主でゲームにログインして「/emblem ファイル名.bmp」を実行してリスタートをしてください。

 

ファイル形式を間違ったり、絵のサイズを大きくしすぎたり小さくしすぎたりしないように注意すれば、血盟マーク登録はそれほど難しくない。血盟マークを製作する時、背景色を黒に指定するとゲーム内では透過する効果がある。

 

血盟員の加入

血盟員の加入 編集

自分の目的に合う血盟に加入したいときは、君主、副君主、ガーディアンに向かってコマンド「/join(/加入)」を入力して君主、副君主、ガーディアンが承諾すれば血盟員になることができる。

血盟倉庫は血盟員すべてが共有する倉庫です。血盟員なら誰でも制限なく使えます。 そのため、大切なアイテムは個人倉庫に入れておくほうがいいでしょう。 2012/02/14のアップデートにより血盟倉庫の履歴が見れるようになりました。

血盟に所属すれば、チャット機能のうち血盟チャットが使えるようになります。世間話から戦闘時の戦略会議まで、様々なことに使えます。 血盟チャットは入力ウィンドウに@を入力してから、メッセージを入力すれば血盟チャットになります。

個人倉庫がいっぱいになって物を預けられなくなった場合、君主キャラクターだったら血盟倉庫を個人倉庫として使うためだけに血盟を創設する方法もあります。

 

連合血盟

連合血盟 編集

君主のレベル45クエストを遂行したら連合君主になれる。この時血盟の規模を大きくしたり、目的が同じ血盟の君主同士が血盟を連合し1つの血盟にして、より一層強くさせることができる。これがいわゆる連合血盟である。

 

連合君主になると、連合君主資格がない君主の加入を受けることができる特権が生じる。この時、加入する君主は連合血盟に加入と同時に君主としての機能を失い、下位血盟員も自動的に連合血盟に加入される。連合君主に帰属される君主は血盟のガーディアンになって血盟を見守ることになる。連合血盟で君主からガーディアン階級を与えられた血盟員はチャット ウィンドウに%を表示しチャットをすると上位血盟員とチャットが可能になる。

 

ガーディアンとは君主の側近役で、爵位のようなものです。 上位チャットウィンドウを使うこと以外に、血盟員の加入、下位の階級の操作が出来ます。 連合血盟は一般/エリート/ガーディアン/副君主の順で血盟員を分けています。一般の場合、血盟倉庫の使用が出来ません。以前と違い血盟チャットの使用は出来ます。

 

同盟結成

同盟結成 編集

君主レベルが25以上の場合、血盟間の同盟を結成することができる。同盟は最大で4つまで結成が可能だが、連合君主の資格を得た君主(Lv 45クエスト完了)は同盟システムが利用できない。同盟血盟はアジト/血盟倉庫/城/血盟戦争は共有しないが、お互いに戦争宣言が不可能で、攻城戦で同盟を除いたすべての血盟を敵とみなすことになる。リネージュで同盟結成は血盟戦や攻城戦の時にしばしば活用できる。/同盟加入コマンドで同盟を結成することができ、同盟から脱退したい時には/同盟脱退を入力する。

 

血盟脱退

血盟脱退 編集

血盟脱退は血盟加入と違ってコマンドを利用して、すぐ脱退することができる。血盟から脱退したい時には入力ウィンドウに「/pledgeleave(/脱退)」と入力すればよいが、脱退の後には血盟倉庫および血盟員との会話などを利用できなくなる。
もし、君主が血盟を脱退する場合には、血盟が解散されて血盟の名前/血盟倉庫が完全に消えることになる。(内容物も同時に)
また城またはアジトを所有した君主が血盟脱退を試みる場合、城やアジトの所有主が消えることになるので城やアジトを所有した状態では血盟を解散することができないようになっている。
ただし、血盟が攻城戦中の場合、血盟戦争状態の場合には脱退はできない