君主 君主 編集

君主は、リネージュ独特のギルドシステムである血盟を作ることができる唯一のクラスで、自身が作った血盟を通して攻城戦参加したり、アジト競売に入札するなど他クラスとは全く異なった権利を有している。

 

その反面、レベルアップのための狩りや対人戦など戦闘力全般に関しては見劣りしてしまう。

 

自身の強化よりも仲間と共に戦う君主は、パーティーメンバーや血盟員に効果が発揮される君主魔法を使用することができる。同レベル帯のナイトと比較すると、狩りの効率が低く、お世辞にも戦闘に優れたクラスとはいえない。

 

君主としてもっとも必要なステータスは、血盟に対する思いである。

君主
血盟を作ることのできる唯一のクラス
血盟
を通じて、攻城戦血盟戦、アジトの競売など、様々なシステムが使える
・狩りとPvP
の能力は全クラスの中で最も
劣る

武器防具ポーションを用意してから育てたほうがよい

タイプ(ステータス)

タイプ(ステータス) 編集

君主は、攻撃タイプとしてSTR(腕力)とCON(体力)を重視する場合と、支援タイプとしてWIS(魔力)とINT(知力)を重視する場合に分けられる。

またクラス本来の目的である血盟員募集を目的とする場合はCHA(魅力)も必要である。どのステータスにポイントを振り分けるかによってパーティープレイのしやすさなどに影響が生じ、それぞれに長所と短所が存在する。

君主初期ステータス ボーナスを見る。

  • STR型の君主

    STR20は君主とナイトとウィザードなどヒューマンだけが可能。

    STR(腕力)20に配分したSTR型の君主は、STR型のナイトほどではないものの、初期ステータス ボーナスが近距離命中+2近距離ダメージ2最大所持重量3と、君主の中でもっとも高い水準の攻撃力を発揮することができる。
    ただし、STR(腕力)への投資による反面、CON(体力)が低く、最大HPが少ないという弱点がある。

    ▲ 近距離命中+2、近距離ダメージ+2に注目!

    STR型の君主は、狩りでの効率を重視したレベルアップ向きのステータスタイプといえるだろう。しかしながら、一定の難易度以上の狩り場では元々戦闘不得手な君主にとって効率的な狩りはかなり難しくなるだろう。

    STR型の君主
    メリット:強い攻撃力を元にしたスピーディな狩り
    デメリット:低い最大HP、遅いHP回復速度

 

  • CON型の君主

    ステータス ポイント8をすべてCON(体力)に振り分けよう。

    リネージュの戦闘においてもっとも重要な要素の1つが最大HPである。いくら攻撃力が高くても、魔法が強くても死んでしまっては活躍することができないためである。CON型の君主は最大HPを極大化するためにCON(体力)18まで投資したステータスとして、ナイトほどではないが高いHPを得ることができる。

    STR型と逆に、CON型ではCON(体力)以外のステータスには全く配分していないため、攻撃力が低く戦闘は厳しいだろう。

    ▲ HPのボーナスが魅力的だ!



    CON型の君主の初期ステータス ボーナスは最大HP増加3HP回復向上4最大所持重量1戦闘に関係したボーナスがないのでレベルアップが難しい。しかし、これは他の君主タイプの弱点であるHP不足と比べれば、装備によって比較的容易に克服することができる。

    よって、CON型の君主は弱点である攻撃力さえ装備で補完することができれば、比較的無難にレベルアップ可能な大器晩成型のステータスタイプといえる。

    CON型の君主

    メリット:ナイト以外で、持てるHPが最も高い。
    デメリット:君主の中で攻撃力が一番弱い。装備で克服する必要あり。

  • WIS+INT型の君主
    君主魔法を習得すると、補助魔法の維持がパーティーの中で重要な役割になってくる。

    そのため、最大MPとMP自然回復を重視したWIS型の君主は直接的な戦闘力は犠牲になってしまう。消費MPの軽減によって初歩的な回復魔法や攻撃魔法を少ない消費MPで使えるため、他のクラスのように単純な前衛や後衛の壁を越えた異なる戦い方ができ、体力回復ポーションなどの消耗も
    節約できるだろう。

    WIS+INT型の君主
    メリット:一般魔法、君主魔法の使用
    デメリット:低い近接戦闘能力

  • CHA型の君主

    ▲CHA型の君主、STR(腕力)16、CHA(魅力)18が基本ステータス。

    血盟に受け入れ可能な血盟員の数は基本的に君主CHA(魅力)値の2倍に決定される。この点に着目し、血盟員をできるだけたくさん集めるためにCHA(魅力)18に合わせたのがCHA型の君主だ。
    残りのポイント3は主に近距離ダメージ、命中を引き上げるSTR(腕力)に配分する。

    ▲STR(腕力)3ポイントによるボーナス以外にはない。

     

    CHA型の君主の初期ステータス ボーナスを見ると、近距離命中1近距離ダメージ1最大所持重量1でSTR(腕力)に投資した3ポイントの効果だけが現れる。なお、CHA(魅力)は戦闘には一切影響を与えない。
    CHA型の君主は戦闘に関係したステータスに3ポイントしか配分できないので初期ステータス ボーナスも少なく、君主の4タイプ中でレベルアップがもっとも難しい。

    CHA型の君主

    メリット:率いることのできる血盟員が最多。
    デメリット:君主のタイプの中でレベルアップが最も難しい。

ストーリー

ストーリー 編集

君主(プリンス・プリンセス)は善王の子孫とされている。

 

アデン王国の先代の王である善王デューク・デフィルの死去(ケンラウヘルの策略とも言われている)に伴い、善王の従兄弟とされる反王エリアード・ケンラウヘルが国王に任命された。

 

その際、亡くなった善王の血盟員であった大ウィザードハーディンは、善王の血を引く君主がケンラウヘルによって命を狙われることを察知し、善王の子孫がアデン城を脱出し、話せる島へ逃げ延びれるように図っていた。

 

善王の子孫たちは、反王ケンラウヘルによる圧政に対し、再びアデン城へ戻り反王ケンラウヘルを追放し、アデン王国を元どおりに復興することを決意する。

 

リネージュパートⅠ「Lineage The Blood Pledge」では、「君主が共に戦う仲間を募って血盟を作り、アデンより反王ケンラウヘルを退ける」という物語をストーリーラインとして、リネージュの物語の主人公は君主であるとした。

魔法

魔法 編集

君主にとっての魔法は、戦闘の効率を引き上げる補助的なものである。なぜなら、魔法によって攻撃力(ホーリー ウェポン、エンチャント ウェポン)と防御力(シールド)を引き上げることができるだけでなく、パーティー用の君主魔法(ブレイブ オーラ、グローイング オーラ、シャイニング オーラ)も効果が他の魔法と重ねて効果が発揮されるためである。

君主の魔法
・レベル10、20に習得できる一般魔法
・クエストを通じて習得する独自の君主魔法
・魔法のヘルムを装備して使う特定の魔法

クエスト

クエスト 編集

君主をはじめとするリネージュのすべてのクラスは、レベル15、30、45、50でクラス独自のクエストを遂行することができる。

 

このクエストは順に進行しなければならず、レベル50クエストを遂行するにはレベル45クエストを完了した際に受けとったアイテムが必要になる。


君主はクエストを通して、報酬アイテムだけでなく君主魔法のトゥルーターゲットコール クラン、そして血盟権限拡張など多様な恩恵を受けることができるためクエストを受ける条件が満たされたら早めにクエストを遂行するよう心がけよう。

 

注目アイテム:君主の威厳(君主レベル30のクエスト)、ガーディアン リング(君主45クエスト)


※詳しいクエスト内容は各レベル別クエストをクリックすること。

クエスト

開始NPC

報賞

君主のレベル15クエスト

ケント城下町のゼロ話せる島のグンター

レッド クローク(AC-2、CHA+1)
魔法書(トゥルーターゲット)

君主のレベル30クエスト

ウッドベックの村アリア

君主の威厳(AC-2、STR等の全ステータス+1
魔法書(コール クラン)

君主のレベル45クエスト

ウェルダン村マシャー

ガーディアン リング(HP+30、 MP+20)
連合血盟結成可
血盟員に階級付与可
血盟員の数がCHA(魅力)の6倍まで可

君主のレベル50クエスト

オーレン象牙の塔3階ディカルデン

ゴールデン スティック(14/14、攻撃成功+1)

君主の装備

君主の装備 編集
君主の装備一覧はこちら

Tips

Tips 編集

君主は、ストーリーラインにあるとおり、反王ケンラウヘルの兵士であるブラックナイトに狙われるので、シルバーナイトタウンなどでは町中であってもキャラクターを放置するのは危険です。とくに、低レベルのうちは、他のクラスに比べ戦闘が不得手で、簡単に殺されてしまうので注意が必要です。

 

町中の倉庫近辺ではなく、市場など、完全に安全な場所で自然回復するように心がけましょう。

編集にご協力いただいた方