君主 君主 編集

君主は、リネージュ独特のギルドシステムである血盟を作ることができる唯一のクラスで、自身が作った血盟を通して攻城戦参加したり、アジト競売に入札するなど他クラスとは全く異なった権利を有している。

 

その反面、レベルアップのための狩りや対人戦など戦闘力全般に関しては見劣りしてしまう。

 

自身の強化よりも仲間と共に戦う君主は、パーティーメンバーや血盟員に効果が発揮される君主魔法を使用することができる。同レベル帯のナイトと比較すると、狩りの効率が低く、お世辞にも戦闘に優れたクラスとはいえない。

君主としてもっとも必要なステータスは、血盟に対する思いである

ストーリー

ストーリー 編集

君主は、リネージュ独特のギルドシステムである血盟を作ることができる唯一のクラスで、自身が作った血盟を通して攻城戦参加したり、アジト競売に入札するなど他クラスとは全く異なった権利を有している。

 

その反面、レベルアップのための狩りや対人戦など戦闘力全般に関しては見劣りしてしまう。

 

自身の強化よりも仲間と共に戦う君主は、パーティーメンバーや血盟員に効果が発揮される君主魔法を使用することができる。同レベル帯のナイトと比較すると、狩りの効率が低く、お世辞にも戦闘に優れたクラスとはいえない。

君主としてもっとも必要なステータスは、血盟に対する思いである

魔法

魔法 編集

君主にとっての魔法は、戦闘の効率を引き上げる補助的なものである。なぜなら、魔法によって攻撃力(ホーリー ウェポン、エンチャント ウェポン)と防御力(シールド)を引き上げることができるだけでなく、パーティー用の君主魔法(ブレイブ オーラ、グローイング オーラ、シャイニング オーラ)も効果が他の魔法と重ねて効果が発揮されるためである。

 

  • 一般魔法
    君主はレベル10、20でそれぞれ一般魔法1段階、2段階を習うことができる。

    1段階の魔法は、初心者用の狩り場である歌う島のシリスから習うことができ、2段階は話す島のゲレンから習うことができる(1段階の魔法はこのゲレンからも習うことができる)。

    以下は君主が習うことができる一般魔法の中でよく利用される魔法である。

  • 君主魔法
    君主魔法は、血盟用魔法とパーティー用魔法に大別することができる。他のクラスの魔法とは異なり、これらの君主魔法を習得するためには該当のクエストをクリアしなければならない。
    (トゥルーターゲット、コールクラン、ランクラン)(ブレイブ オーラ、グローイング オーラ、シャイニング オーラ)
    たとえばトゥルーターゲットとコールクランはそれぞ
    君主のレベル15クエスト君主のレベル30クエストの補償で魔法を得られるようになり、ランクランとオーラ系列魔法はすべて該当のレベルに話せる島ラビエンヌが科すクエストを遂行すると得ることができる。
  • 魔法のヘルム
    魔法のヘルムは
    力、迅速、治癒の3種類がある。(暗視は他のクラスでも装備が可能。)魔法のヘルム:力と魔法のヘルム:迅速には役に立つ魔法が多く、使用しやすいといえる。
    なお、これらの魔法のヘルムを着用して魔法を使用すると、MPの
    消費量は半分に軽減される。たとえば、エルフやウィサードがフィジカルエンチャント:STRを使用するためにはMP
    50が必要だが、君主やナイトが魔法のヘルムを利用すると半分のMP25で使用することが可能なっている。

血盟について

血盟について 編集
1人血盟と血盟倉庫
君主は5レベルになると、血盟を作ることができ、血盟を作成すると、血盟倉庫を利用することができる。
これを利用して、アカウント内に5レベル君主キャラクターを作成した後血盟を作成血盟倉庫のみ利用することもある。
つまり、血盟倉庫があるだけ保管できるアイテムの量が増えるわけだ。


君主はレベル5になると、血盟を創設することができる。話せる島の血盟執行員に話しかけ、3万アデナを所持した状態で「血盟を創設する」をクリックすればよい。
血盟を創設するとまだ血盟に入っていない人々に血盟加入を勧誘したり、全体チャットや掲示板で血盟員を募集すればよい。

Tips

Tips 編集

君主は、ストーリーラインにあるとおり、反王ケンラウヘルの兵士であるブラックナイトに狙われるので、シルバーナイトタウンなどでは町中であってもキャラクターを放置するのは危険です。とくに、低レベルのうちは、他のクラスに比べ戦闘が不得手で、簡単に殺されてしまうので注意が必要です。

 

町中の倉庫近辺ではなく、市場など、完全に安全な場所で自然回復するように心がけましょう。

編集にご協力いただいた方