ウィザード ウィザード 編集

リネージュのウィザードは、一般的なロールプレイングゲームに登場する「華麗で強力な魔法を駆使してモンスターを倒す」というイメージに必ずしも準じない。

 

リネージュのウィザードは、多彩な攻撃魔法を操る「ウィザード」、回復魔法で味方を癒す「ヒーラー」、魔法攻撃と物理攻撃を織り交ぜて戦う「魔法剣士」、強力なモンスターを使役する「サマナー」といった全ての要素を備えている。 

 

比較的低いレベルから強力な魔法を習得することができ、十分に戦力として計算することができるクラスである。

 

しかしながら、ウィザードの戦闘力は魔法によるものであり、MPが無くなったり魔法が効果的に使えない場面においてはほぼ戦力にならないという極端な特徴を併せ持ったクラスであるといえる。

ストーリー

ストーリー 編集

グラインカインにより作り出された種族である人間(ヒューマン)の末裔。

 

人間の中で特に魔法による戦いを得意とする魔術師「ウィザード」は、その昔にエルフより得た魔法を象牙の塔などの独自の研究機関でさらに研究され、他に類を見ない魔法のエキスパートとなった。

 

ウィザードもナイト同様、反王の圧政をこころよく思わない冒険者の一人であったが、ある時出会った君主の思いに同調し反王を倒すべく血盟の一員となる。

 

血盟員を高い回復能力や補助魔法でサポートし、高い魔力で一気に戦局を打開する、後衛職としてリネージュでは欠かせないクラスである。

タイプ(ステータス)

タイプ(ステータス) 編集
  • ステータス配分
    ウィザードにとって最も重要なステータスは
    INT(知力)、WIS(魔力)、CON(体力)であり、これらのステータスを調整した3つのパターンが人気である。ほかにも一般的には非力であるウィザードと正反対なSTR型のウィザード、サモン モンスター一般魔法7段階)の使用に特化したCHA型のウィザードなどが存在する。
    ウィザード作成の際にボーナスとして与えられる16ポイントがどのような効果をもたらすのかを知りたい場合は、ウィザード初期ステータス ボーナスページを参照のこと。

    タイプ

    STR(腕力)

    DEX(機敏)

    CON(体力)

    INT(知力)

    WIS(知恵)

    CHA(魅力)

    INT+WIS型のウィザード

    8

    7

    16

    18

    18

    8

    CON+INT型のウィザード

    8

    7

    18

    18

    16

    8

    CON+WIS型のウィザード

    8

    7

    18

    16

    18

    8

    STR型のウィザード

    18

    7

    18

    12

    12

    8

  • INT型のウィザード
    INT((知力)18、WIS(魔力)18、CON(体力)16にステータスを配分して、魔法の能力を最大に高めたタイプである。
    サービス初期の時点から標準的なステータス配分として認識されていたが、当時は魔法より武器による物理ダメージが主だったため、君主並みに育成が難しいクラスと言われていた。しかし現在はINTMP自然回復などを上げるアイテムが多く追加され、アンデッドモンスターを対象にするターンアンデット狩り(一般魔法3段階)等によってレベルアップが容易になった。
    INT型ウィザードを見る。

  • CON+INT型のウィザード
    CON(体力)18、INT(知力)18、WIS(魔力)16にステータスを配分して、INT型のウィザードのステータスに若干の変化を加えたタイプである。
    ウィザードのタイプの中では
    HPが最も多く、ソロプレイに向いていると言える。ただし、WIS(魔力)18であるINT型のウィザードやCON型+WIS型のウィザードに比べて最大MPやMP自然回復が落ち、高レベルになるほどその差が広がるという弱点がある。
    CON+INT型ウィザードを見る。

  • CON+WIS型のウィザード
    CON(体力)18、WIS(魔力)18、INT(知能)16にステータスを配分した、大器晩成的なタイプである。CON+INT型のウィザードより魔力が低いためターンアンデットが失敗する場合も多いが、これはINT(知力)またはSPを上げる装備を着用したり、少し下のレベルの狩り場を利用することで解決できる。
    CON+WIS型ウィザードを見る。

  • STR型のウィザード
    <リネージュ>のクラスの中で、唯一STR型のウィザードだけが初期状態からSTR(腕力)18、CON(体力)18でステータスを配分できる。さらにフォース スタッフ(9/9、STR+3)、パワーグローブ(STR+2)、腕力のアミュレット(STR+1)などSTR(腕力)を上げる装備を着用すれば、STR型のナイ
    STR+DEX型ダークエルフSTR+CON型ダークエルフには及ばないものの、相当の攻撃力を発揮することができる。
    殴りウィザードとも呼ばれるSTR型のウィザードは主に補助魔法と回復魔法を使用し、MPが足りないときは体力回復用ポーションで補助するため、CON型エルフ(剣系)とほぼ同じ感覚でソロプレイができる。
    STR型ウィザードを見る。

 

魔法

魔法 編集

▲一般魔法1~3段階を教える話す島のゲレン

ウィザードは、エルフの精霊魔法やダークエルフの闇の精霊魔法のような特別な魔法体系は持っていないが、ウィザードというクラスに相応しく一般魔法の最高レベルの10段階まで習得することができる。

 

またレベル4ごとに1段階ずつ魔法を習得していくため、理論的にはレベル40ですべての魔法を習得することができ比較的早い段階で活躍できるクラスはウィザードだけである。

 

多くのウィザードは、エネルギー ボルトのような攻撃魔法で先制攻撃を加えた後に物理攻撃によって戦う方法をとっている。というのも、リネージュではMP使用の制約が大きいためである。

 

様々なアップデートを通じて魔法の活用度が徐々に高まってはいるものの、純粋に魔法だけで狩りを行うのは難しいといえる。これを解消するためにMP自然回復オプションがついたアイテムが人気となっている。


 

しかし、依然としてメインはターン アンデッドを利用した狩りや範囲魔法を利用した狩りなどとなっている。特に範囲魔法を利用した狩りは想定以上の経験値習得がアップデートの課題になったり、周囲のプレイヤーに迷惑がかかる恐れがあり、良くも悪くもウィザードの可能性を示す狩り方といえるだろう。

 

一般魔法を見る。

クエスト

クエスト 編集

ウィザードのクラスクエスト報償アイテムは非常に性能がよい。ウィザードにとって重要なステータスであるINT(知力)やMP自然回復率を増加するオプションが付与されており、とりわけレベル15、30、45でもらえるアイテムはボス モンスターがドロップする特別なアイテムと肩を並べる価値があるほどの装備オプションがあるといえる。

 

クエストを遂行できるレベルになったら、仲間の協力を得てでもクエストを進めた方がよいだろう。

クエスト

開始NPC

報償

ウィザードのレベル15クエスト

話せる島の村のゼム

マジック ブック(AC-2、INT+1)

ウィザードのレベル30クエスト

話せる島のゲレン

クリスタル スタッフ(1/1、MP自然回復+10)

ウィザードのレベル45クエスト

象牙の塔3階タラス

マナ マント(AC-2、MP自然回復+5)

ウィザードのレベル50クエスト

象牙の塔3階のディカルデン

マナ クリスタル(AC-2、 INT+1、MP+100)

ウイザードの装備

ウイザードの装備 編集

ウイザードの装備はこちら

戦争での役割

戦争での役割 編集

的確に魔法を使うことで、確実に戦況を変えれるクラスです。

戦争で勝つというのは、前線で戦う前衛に目が行きやすく、ウィザードのような後衛はあまり注目されませんが戦争の勝利には必ずウィザードの活躍があるといえます。

 

各種ヒールやイミューン トゥ ハームによって味方をサポートします。ヒール オールは血盟員全体に効果があり、ウィザード1人だけで戦局を打開する可能性があるといえます。

 

また、敵にキャンセレーションやディケイポーション、ウェポンブレイクなどをかけて弱体化を狙います。

 

短絡的に魔法攻撃を連打するのではなく、的確な魔法を戦局に応じて効果的に使っていくことが戦争に勝利する鍵となるでしょう。

編集にご協力いただいた方