アンタラス アンタラス 編集

入手できるアイテムの特徴

入手できるアイテムの特徴 編集

グリーン ドラゴン スケイル メイル、宝石、遺産を除くアイテムは全て祝福されている。

ストーリー

ストーリー 編集

太古の昔、世界を創造した2人の神アインバザードグラインカイン

創造の神アインハザードと破壊の神グラインカインは6人の子をもうけ、それぞれに力を与えた。あるときグラインカインは自分の娘である水の精神を司るシーレンを誘惑し過ちを犯した。シーレンは彼の子を宿したためアインハザードの怒りをかうこととなり、シーレンから神の地位を剥奪し大陸から追放した。

シーレンは深い森の中で子を産み落とした。その子らは後に魔族といわれる者たちでその中で最も強い力を持つ者たちはドラゴンであった。光竜アウラキア・暗黒竜ハルパス・火竜ヴァラカス・水竜パプリオン・風竜リンドビオルを、そして土を司るアンタラスである。シーレンは神々を憎み、その子らと神に反抗し戦争となった。

永遠に続くかと思われた神々の戦いはシーレンの敗北という形で幕を閉じたが、敗北したシーレンの悲しみは「死」を生み出し、戦いの要因を作ったグラインカインはシーレンと共に「死」の世界へと姿を消した。主を失ったアンタラスは地上へと戻り、その姿をドラゴンバレーのダンジョン奥深くに隠したといわれている。

 

ダークエルフとアデンの同盟軍が戦っていたころ、ダークエルフを率いるダンテスは考えた。アデンの勢力を追い出して征服できるのは異界の力だけだと。
そこで、自分の種族を犠牲にして召喚しようとしたが、異界の支配者ギルタスの猛烈な魔力をコントロールできず、召喚は失敗に終わった。この時の衝撃で、アデンには時の亀裂が生じた。
時の亀裂は魔界をさまよっていた暗黒竜ハルパスを目覚めさせた。
ハルパスは深い眠りについていた他の5頭のドラゴンの精神に入り込み、徐々に目覚めさせるのだが…。

 

そしてDRAGON SLAYERS 1stへと続く

基本スキル

基本スキル 編集

アンタラスは、非常に強力な物理と魔法の攻撃を使用するドラゴンで、十分な最大HPMR、また地属性抵抗力を必要とする。

 

アンタラス共通の攻撃

ターゲットプレイヤーを中心として高ダメージの攻撃がくる。

イミューン トゥ ハームは、ほぼ常時必須。

 

アンタラス 1段階目

即死級の竜語は存在しないものの、支度の不十分なキャラクターは命の危険があるだろう。

危険龍語【ケネシ】

 

アンタラス 2段階目

#執筆中

2段階目から、いよいよ即死級の竜語が登場する。

耐久不可の前衛は退避を行い、耐久可能な前衛は、イミューン トゥ ハームを頼りに耐久して攻撃を続ける。

即死竜語【ミューズサム】

危険竜語【ミューズシム】

 

アンタラス 3段階目

#執筆中

2段階目の物理攻撃に加えて魔法攻撃が組み合わさった凶悪な竜語が駆使される。

カウンター マジックをつめたブランク スクロール(Lv4)などを使用して魔法攻撃を防ごう。

即死竜語【ティフサム】

危険竜語【ティフシム】【ナッツサム】【ナッツシム】

竜語一覧

竜語一覧 編集

1段階目

【ケネシ】《キャンセレーション(単)》→麻痺ブレス毒霧→首薙ぎ払い(dmg小、近距離、小範囲)→尻尾叩き付け(dmg大、近距離、小範囲)

【リラフ】

【リオタ】

【ルオタ】

【ティセトル】ランダム強制テレポート→ユニドラゴン(地)3体召喚

 

2段階目

【ケネシ】《キャンセレーション(単)》→麻痺ブレス毒霧→首薙ぎ払い(dmg小、近距離、小範囲)→尻尾叩き付け(dmg大、近距離、小範囲)

【リラフ】

【ティギル】

【ティギロ】

【ミューズサム】範囲スタン(近距離)→範囲攻撃(dmg大、近距離)

【ミューズシム】範囲攻撃(dmg大、遠距離)

【ティセトル】ランダム強制テレポート→ユニドラゴン(地)3体召喚

 

3段階目

【ケンティギル】

【ケンティギロ】

【ケンルウ】

【ケンロウ】範囲攻撃(dmg大、近距離、毒ブレス)

【セイララフ】尻尾叩き付け(dmg大、近距離、小範囲)

【セイリラフ】

【ティフサム】範囲スタン(近距離)→範囲攻撃(dmg大、近距離)→範囲攻撃(dmg小、近距離、カウンターマジック有効)

【ティフシム】《キャンセレーション(複数)》→範囲攻撃(dmg大、遠距離)

【ナッツサム】範囲スタン(近距離)→範囲攻撃(dmg大、近距離、カウンターマジック有効)

【ナッツシム】範囲攻撃(dmg大、遠距離、カウンターマジック有効)

【ティセトル】ランダム強制テレポート→ユニドラゴン(地)3体召喚

編集にご協力いただいた方