ハルパス ハルパス 編集

太古の昔、世界を創造した2人の神アインハザードグラインカイン

創造の神アインハザードと破壊の神グラインカインは6人の子をもうけ、それぞれに力を与えた。あるときグラインカインは自分の娘である水の精神を司るシーレンを誘惑し過ちを犯した。シーレンは彼の子を宿したためアインハザードの怒りをかうこととなり、シーレンから神の地位を剥奪し大陸から追放した。

シーレンは深い森の中で子を産み落とした。その子らは後に魔族といわれる者たちでその中で最も強い力を持つ者たちはドラゴンであった。光竜アウラキア・暗黒竜ハルパス・火竜ヴァラカス・水竜パプリオン・風竜リンドビオル・地竜アンタラスである。シーレンは神々を憎み、その子らと神に反抗し戦争となった。

永遠に続くかと思われた神々の戦いはシーレンの敗北という形で幕を閉じたが、敗北したシーレンの悲しみは「死」を生み出し、戦いの要因を作ったグラインカインはシーレンと共に「死」の世界へと姿を消した。暗黒竜ハルパスは命を落として、その霊魂は魔界を漂っている。
残りのドラゴンも深手を負って、深い眠りについた。

ダークエルフとアデンの同盟軍が戦っていたころ、ダークエルフを率いるダンテスは考えた。アデンの勢力を追い出して征服できるのは異界の力だけだと。
そこで、自分の種族を犠牲にして召喚しようとしたが、異界の支配者ギルタスの猛烈な魔力をコントロールできず、召喚は失敗に終わった。この時の衝撃で、アデンには時の亀裂が生じた。
時の亀裂は魔界をさまよっていた暗黒竜ハルパスを目覚めさせた。
ハルパスは深い眠りについていた他の5頭のドラゴンの精神に入り込み、徐々に目覚めさせるのだが…。

 

そしてDRAGON SLAYERS 1stへと続く

編集にご協力いただいた方