アインハザード アインハザード 編集

アインハザードはアデンの創造主であり創造の神である。

またエルフ族オーク族ドワーフ族アルティア族を子供達の精神を吹き込ませ作り出している。

神話

神話 編集
  • 世界の創造
    はるか遠い昔、この世にはたった1つの球体だけが存在し、あらゆるものがその中で混ざり合っていた。その球体がこの世のすべてであった。
    1億年以上の歳月をかけて球体は次第に大きくなり、やがてその中で2つの力がゆっくりと形成され始めた。成長とともに 2 つの力には意識と自我がめばえ始め、ついには光と闇へと分裂をはたした。白い光は女性になって、アインハザードを名乗り、黒い光は男性となり、グラインカインを名乗った。この2つの存在が、全宇宙と今日知られる万物の始まりである。

    アインハザードとグランカインは力を合わせて球体の外へと飛び出し、このとき砕けた球体の破片がさまざまに姿を変えていった。
    上に飛び散った破片は空となり、下に飛び散った破片は地を形成した。空と地の間には水ができ、地の一部は盛り上がって大地をつくった。球体の精神も球体とともに砕け散り、巨人族を頂点としたさまざまな動植物を生むこととなった。
  • 神々の誕生
    アインハザードとグランカインは、 多くの子をもうけた。そして、最初の5人の子供たちには地上を支配する力が授けられた。
    1番上の娘、シーレンは水を支配した。1番上の息子ファアグリオは火を、2 番目の娘マーブルは大地を、2番目の息子サイハは風を支配することとなった。次のエヴァのときにはもう何も残っていなかったので、エヴァは詩と音楽をつくった。
    他の4人がそれぞれの役目を果たしている間、エヴァは詩を書き、それに音楽をつけて歌った。

    アインハザードは創造の神であった。
    自分の精神から体を作り出し、子供たちの力を借りてその体に命を吹き込んだ。
    シーレンには水の精神を吹き込んだ。これがエルフ族の起源である。
    ファアグリオには火の精神を吹き込んだ。これがオーク族の起源である。
    マーブルには土の精神を吹き込んだ。これがドワーフ族の起源である。
    サイハは風の精神を吹き込んだ。これがアルティア族の起源である。
  • グラインカインの子孫
    グランカインは破壊の神であった。
    グランカインはアインハザードの行いを見て、好奇心に駆られるとともにねたみを感じた。そして、アインハザードをまねて自分とそっくりな体を作りあげ、娘たちに残り物の精神を吹き込ませた。
    ところが、生まれてきたものはまったくの役立たずであった。ひ弱で、愚かで、ずるがしこい、臆病な生き物だったのである。他の神々は皆一様に、グランカインとその創造物をさげすんだ。
    そしてグランカインは、恥ずかしさのあまり、自分の創造物を捨て逃げ出してしまった。彼の創造物は、人間と呼ばれた。
  • 死の女神シーレン
    グランカインは自由奔放な神であった。
    あるときグラインカインは自分の娘である水の精神を司るシーレンを誘惑し過ちを犯した。シーレンは彼の子を宿したためアインハザードの怒りをかうこととなり、シーレンから神の地位を剥奪し大陸から追放した。

    シーレンは深い森の中で子を産み落とした。その子らは後に魔族といわれる者たちでその中で最も強い力を持つ者たちはドラゴンであった。光竜アウラキア・暗黒竜ハルパス・火竜ヴァラカス・水竜パプリオン・風竜リンドビオル・地竜アンタラスである。シーレンは神々を憎み、その子らと神に反抗し戦争となった。

    永遠に続くかと思われた神々の戦いはシーレンの敗北という形で幕を閉じたが、敗北したシーレンの悲しみは「死」を生み出し、戦いの要因を作ったグラインカインはシーレンと共に「死」の世界へと姿を消した。主を失ったドラゴン達は地上へと戻り深い眠りに付いた。
  • 大洪水とエヴァ
    水の支配者であるシーレンがいなくなったためエヴァに水の支配をさせた。しかしエヴァは臆病であったため姉の壮絶な死と神々の戦いを見て恐怖し、重い責任から逃れるために湖の底にトンネルを掘りその中に隠れて過ごした。
    支配するものがいなくなってしまったため大陸を囲む水の精霊はどうすればよいかわからなくなり、あてもなくさまよい始めた。ある場所では、大量の水が流れ込み沼地になり、また別の場所では水がまったく流れて来なくなって砂漠ができた。さらに、あちこちで大陸の一部が突然海の底に沈んだり、何もないところから新しい島が出現した。場所によっては、夜となく昼となく雨が降り続き、高い山の頂を残してすべてが水没してしまうところもあった。
    水没をまぬがれた陸地には、すべての生き物が自らの命を守るために群がり大混乱を招き、あらゆる生き物がこの天変地異に苦しんでいた。

    すべての生き物を代表する巨人が神々のもとに赴き嘆願した。神々ももはやこの状況には我慢がならなくなり、アインハザードとグランカインは大陸中を探し回りようやくエヴァが隠れている湖を見つけ出した。
    エヴァの無責任な行動に対してアインハザードの怒りは激しく、その目には炎が燃えあがっていた。
    エヴァは震え上がり、母であるアインハザードに従った。エヴァが再び水を治め始めると、水の災害は起こったときと同様に次第におさまりをみせていった。しかし、一度荒廃してしまった大陸を元に戻すことはもはや不可能になっていた。
  • 巨人の反乱
    神々の度重なる失敗によって、地上の覇権を握っていた巨人たちの心の中に疑問が生まれ始めていた。
    グランカインは、人間という程度の低い生き物を創り出したことで、すでにその愚かさをさらけ出していた。グランカインの淫らな振る舞いとアインハザードの嫉妬から死が作り出され、さまざまな鬼神が生まれることとなった。さらに、エヴァが弱く力がなかったために、大陸は荒れ放題になってしまった。
    巨人たちの心の中で疑問の種がめばえ始めていた。「あのような神々を崇拝する価値があるのか。」
    巨人たちが次第に力を持つようになると、この考えはどんどん大きくなっていき、そしてついには、巨人たちは自分の力が神に匹敵すると考え始めたのである。聡明であったにもかかわらず、巨人達は大変傲慢になり、神になろうとさえしていた。自分たちの絶大な力に酔いしれた巨人たちは傲慢になり、とうとう神々を退けてその地位を奪おうとし神々と戦うために、巨人たちは強力な軍隊を組織し始めたのだ。

    神々も何もせずに手をこまねいていたわけではない。
    特にアインハザードは、自分だけが持つ生命を創造する権利と能力に対して挑戦を受けたのだ。アインハザードは怒りのあまり言葉を失った。そしてアインハザードに近づこうとするものは皆、彼女から発せられる怒りの炎に包まれて跡形もなく溶けてしまった。
    アインハザードの怒りは頂点に達し、巨人を大陸や世界もろとも絶滅させることを宣言した。
    グランカインがアインハザードのもとに急ぎ、彼女をいさめたが、同じ神であるグランカインでさえ彼女を取り巻く炎のために近づくことはできなかった。
    グランカインは、何としても大陸の破壊は食い止めようとしたがアインハザードはグランカインが邪魔をしたことでますます腹を立ててしまった。しかしグランカインもアインハザードも立場が同じであったため、アインハザードはグランカインを抑えることができず、 最後には説得に応じた。
    アインハザードは巨人たちを罰するために、グランカインの武器である星の槌を借り、その槌を高く振り上げると巨人の都市の中心めがけて振り下ろした。
    空から巨大な真紅の火の玉が落ちてくるのを見て、巨人たちは初めて自分達がとんでもない過ちを犯したことに気がついたが時はすでに遅く巨人の強大な力をもってしても、槌の方向をほんの少しずらすのが精一杯だった。槌は巨人たちの都市をかすめて地に落ちたが、それでもこの上なく繁栄した都市を破壊するには十分であり、またたく間に、無数の巨人や他の種族の生き物はどろどろに溶けてしまった。
    大陸には大きな穴があき、瓦礫が激しく降り注いだ。
    ほとんどの巨人は死を迎えた。

    なんとか生き残った巨人たちも、アインハザードの怒りを避けるために東方へと逃れて行った。アインハザードは巨人たちを追い続け、稲妻でつぎつぎに焼き殺していった。恐れに震えながら、巨人たちはグランカインに嘆願した。
    寛大な神であったグランカインは巨人たちは既にその罪を十分に償ったと考え、娘達の力を借り巨人達を守ろうとしたが娘達はアインハザードの言葉に恐れ手を貸せずにいた。

    グラインカインは最後にアインハザードを説得した。アインハザードは怒りを鎮めたわけではなかったが、自分と立場の同じグランカインの話に耳をかした。また、グランカインがいうように、巨人たちに永遠にその行為を悔やませるには、彼らを皆殺しにするよりも、小さな、不毛の高台に捕えておくほうがよいと考えた。
    そうしてついに、アインハザードは巨人たちを追うのをやめ、宮殿へと帰って行ったのだった。

    地上の生き物に失望したアインハザードは、その後、めったに地上でのできごとに関与しなくなった。
    そしてグランカインもまた、むやみに地上に姿を現さないことに決めた。

宗教改革

宗教改革 編集

大陸に小国家が乱立する時代よりエルモア・アデンが統一され、ある部族の長シュナイマンによってエルモアデン帝国が制定された。

 

皇帝は人間の先天的限界である「死と破滅を象徴するグランカインが自分たちの創造主だ」という事実は、いつも他種族に対する劣等感として作用し、この世の他の種族を作った残りカスが自分たちを形作っているという神話は、そのまま受け入れるにはあまりにも恥辱だった。
そこで新しい帝国のためには、彼らを尊いものとする新しい神話、新しい歴史が必要であった。
結局、肯定は大々的な宗教改革を行い、グランカインの代わりにアインハザードを人間の神とした。
神話と歴史は歪曲され、黒魔法とグランカインの信者は迫害を受けた。以後、何代にも及ぶ宗教改革は、最終的にアインハザードを善の神、グランカインを悪の神とし、ヒューマンはアインハザードを自分の創造主と考えるようになった。

編集にご協力いただいた方