ウィザードのレベル30クエスト ウィザードのレベル30クエスト 編集

開始場所:話せる島の村
開始NPC:ゲレン
クエスト タイプ:クラス クエスト
制限事項:ウィザード レベル30
報賞アイテム:クリスタル スタッフ
(1/1、MP回復率+10)

 

 

 

 

 

 

クエストの進行過程

クエストの進行過程 編集

1. 話す島のゲレンは自身の研究を完成のためにアンデッドの骨を探ていると言い、手伝ってくれるのであれば話せる島ダンジョンにいるディロンに訪ねるように言われる。


2. ディロンはアンデッドの骨を手に入れるにはアンデッドのダンジョンに入らないといけないが、アンデッドのキーが必要であることを話してくれる。アンデッドのキーは話せる島ダンジョン内にいる「トレイタースケルトンガード」から獲得できる。なかなか出ないこともあるので、根気よく狩り続けよう。


3. アンデッドのキーを獲得したならディロンに話しかけることでアンデッドのダンジョンへ入ることができる。ちなみに、アンデッドのダンジョンへテレポーとするとキャラクターが装備している武器や防具はすべて外される。戦う手段が魔法しかなくなるという、まさにウィザードのための試練だ。


4. アンデッドのダンジョンの、最初の関門はゾンビの部屋だ。ゾンビを倒してゾンビのキーを獲得し次の関門へ移動しよう。ゾンビ(アンデッドモンスター)に効くターン アンデッドや回復魔法(ヒール)で相手しよう。


5. 次の関門はブルートの部屋で、このブルートはスケルトンが変身したものだ。そのため、キャンセレーションでブルートを元のスケルトンに戻して倒そう。このスケルトンを倒せば三つ目の関門に進むことができるスケルトンのキーが手に入る。

ちょっとお知らせ
ブルートに対してキャンセレーションを使う時には、必ずCtrlキー(強制攻撃)で詠唱しなければなりません。


6. 三つ目の関門はオークゾンビの部屋で、一種のパズルで構成される部屋だ。ここを調べると下に降りる階段を中心にして4つの踏み台があるが、3つの踏み台にはすでにゾンビが立っている。空いている踏み台1つを埋めると下の階につづく扉が開かれる。

 

7. 空いている踏み台を埋めるためには、部屋をうろついているオークゾンビをテイミングするか、あるいは倒してからクリエイト ゾンビを利用して操ろう。それを踏み台に立たせて‘休憩’の状態にしておけば、4つの踏み台がすべて踏まれ、下に降りる階段が開かれる。


8. 階段を降りるとラートアンデッドがいる。ラートアンデッドはHPが高く、回復魔法の攻撃で倒すのは厳しい。ターンアンデッドで攻撃しよう。ラートアンデッドを倒すと、アンデッドの骨が入手できる。

 

9. ゲレンにアンデッドの骨を渡すと、報酬の代わりにアンデッドのボーンピースにしてくれる。再びゲレンと話すと、ウィザードに必要な神秘のスタッフを作ってくれるといい、その材料として神秘のクリスタルボールをもってこいという。

神秘のクリスタルボールはグルーディオダンジョン7階にいるオリムから100kアデナ(+税金)で購入できる。

 

10. ゲレンに神秘のクリスタルボールを持っていけば、報酬として神秘のスタッフを作ってくれる。そして再びディロンを訪ねろという。

 

11. ディロンは神秘のスタッフにアンデッドのボーンピースを利用して魔力を吹き込みたければ、オーレン象牙の塔3階にいるタラスを訪ねろと助言してくれる。


12. アンデッドのボーンピースと神秘のスタッフを持ってタラスを尋ねると、クリスタルスタッフを報酬としてもらえる。

 

どうしてもクリアできない場合

どうしてもクリアできない場合 編集

このクエストでは、ダンジョン内で装備が外れてしまい、魔法だけでアンデットモンスターを倒さねばならないなど、ウィザードとしての真の力が試される。

INTが18以上あるキャラクターであれば問題ないが、INTが初期のキャラクターでは、レベル30程度ではクリアが相当難しい。MPをすべて注ぎ込んでもターンアンデットが決まらないことも、ままあるからだ。

 

そういう、どうしてもクリアできない場合は、後回しにしても良い。

幸い、報酬アイテムであるクリスタル スタッフは取引が可能であるし、装備する際のレベル制限もない。取引価格も、このクエストで必要な出費(100kは必ずかかる)とあまり変わらないか、それ以下だ。

とりあえず買っておいて、レベル45試練を受けるときに一緒にクリアしてしまうのも手だ。

 

クエスト報酬

クエスト報酬 編集
攻撃力(小さい/大きいモンスター)1 / 1
使用可能クラスウィザード
重量15
片手/両手片手
オプションMP自然回復+10
材質
強化+6まで安全
損傷の有無損傷なし
交換
レベル制限---
---

編集にご協力いただいた方