攻城戦 リニューアル 攻城戦 リニューアル 編集

今回のアップデートで攻城戦のリニューアルが行われた。

攻城戦に関する主な変更点は2つ、1つ目は、守り難い城のマップリニューアル、そして2つ目はインビジビリティクロークを来たキャラクターへの対策となっている。

 

今回の変更で、インビジビリティクロークを来た君主が単騎で特攻して、キャラクターの間を縫って、城を奪うといったことができなくなった。

 

リニューアル内容

リニューアル内容 編集
  • 防壁追加
    今回変更の対象となったのは、城門以外で防衛陣を張ることが難しいウィンダウッド城、ケント城、オーク要塞の3つだ。
    また、ケント城、ウィンダウッド城では、ガーディアンタワーの位置も変更されている。

    ウィンダウッド城


    ケント城



    オーク要塞


    より強固な陣形を築くことができるので、ギラン攻城戦のような門以外での戦略的な戦いが望めるようになる。

    ガーディアンタワーを囲む防壁は2種類あり、高い壁は弓や魔法などの攻撃が通らないが低い柵は弓や魔法をすることができる。

    この低い柵の範囲であれば、ヒールやネイチャーズブレッシングも可能なので固定の弓部隊を配置したり、遊撃隊を回復させる役のキャラクターを配置しても良いだろう。








 

 

 

  • インビジ対策
    全ての城のガーディアンタワー周辺では、インビジの状態を維持することができない。

    インビジビリティクローク等で消えているキャラクターに対して、今まではディテクションで対策するしかなったが、今回のアップデートから、ガーディアンタワー周辺では消えている状態を維持することができないので、定期的にディテクションをする必要が無くなった。ただし、攻城戦の範囲内全てがカバーされているわけではないので、城門で防衛する場合には、定期的にディテクションをしよう。