ウォリアー ウォリアー 編集

戦士はナイトを凌駕するHPと物理攻撃力を誇るクラスです。
斧と槍、二種類の武器に特化されており、他のクラスよりも攻撃速度が上がるという特徴を持っている。

また、シールドのスロットに片手鈍器を着用して二本の片手鈍器を同時に着用することができるクラスでもある。
この他にもHPが一定数値以下になると自動的に発動するパッシブ技術などがあり、狩猟とPVPでも様々な戦法を駆使することができる。
ただし、他のクラスに比べてMRが低いうえに普及したMR防具であるマジックヘルムとマジッククロークが装備できないから注意。

ストーリー

ストーリー 編集
かつてパプリオン封印の偉業を達成し、しかしその力ゆえ時の権力者に畏怖され
彼らが守るべき水の都市ハイネから追放された守護者の一族。

暗黒竜ハルパスの影響『反王』ケンラウヘルの再進行に揺れるアデンを案じたハイネゆかりの君主・イシルロテは
自らの祖先が闇に葬り去った伝説の一族をアデンの守護者として再誕させるべく動き出した。

特徴

特徴 編集
- ナイトを凌駕する高いHPを誇っている。
- 主な武器は槍と斧であり、2本の斧を同時に身に着けることができる。
- 他のクラスよりも斧の攻撃速度が速い。
- ブレイブポーションを使用して、2段加速まで上げることができる。
- 戦士だけが使うことができる専用の技術と一般魔法1段階を学ぶ。

装備

装備 編集
戦士の装備の中で注目すべきは、まさに斧。
他のクラスに比べて斧着用時に受ける利点が多い。

・武器
戦士は斧と槍だけ装備できる。
専用技術スレイヤーを学べば武器スロットとガーダースロットにそれぞれ片手鈍器を着用し、合計二つの片手鈍器を同時に身に着けることができる。
戦士だけ着用することができる専用の斧も用意されている。
斧の攻撃速度が速い。

・防具
ナイトと同種類の防具を装備できる。
マジックヘルムとマジッククローク等装備できないため、MRをあげにくい。
戦士だけ着用することができる専用の防具も用意されている。

・アクセサリー
他のクラスと同じである。

両手武器

両手武器 編集
戦士は15レベルに専用の技術スレイヤーを学び、後にいくつかの片手鈍器を二袋を着用して相手を攻撃する(すべての片手鈍器を着用することができるわけではない)。
片手鈍器武器スロットに1つ、ガーダースロットに1つを着用し、攻撃モーションも違ってくる。また、この場合、ガーダーを身に着けることができない。

補助魔法の効果として以下の通りである。
・いくつかの片手鈍器系列武器のみ適用します。
・バフ魔法は一度受信すると、両方の武器に同時に適用します。
・ただしエンチャントウェポンは各武器ごとに歩いてなければならない。

ウォリアー技術

ウォリアー技術 編集
戦士だけが使うことができるウォリアー技術が用意されており、クエストや狩りでウォリアーの印章を求めた後に使用すると学ぶことができる。ただし、使用時に結晶が必要であり、いくつかのパッシブ技術は発動するたびに自動的に結晶を消費する。

・パッシブ(passive)技術
戦士は学習だけ自動的に発動するパッシブ属性の技術を持っている。上記のスレイヤーも学ぶだけいつも適用されるパッシブ技術である。
特に恐ろしいのは、戦士のHPが40%を下回ると、一定の確率で発動する反撃の技術で近距離、遠距離、魔法などの攻撃を合えば反撃を加えて相手にダメージを与える。

・状態異常スキル
相手の足を縛って移動するようにするパワーグリップ、多数のモンスターの目を引く、自分自身を攻撃するように誘導するハウルなどの独自の技術を持っている。

魔法

魔法 編集
戦士は50レベルになると、一般的な魔法1段階を学ぶことができる。
この他にも3種の魔法ヘルム- 魔法のヘルム(力)、魔法のヘルム(迅速)、魔法のヘルム(治癒)を着用することができ、投球着用時、対応する魔法も使うことができる。